簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ユニクロで買うべきオールシーズン使える優秀羽織物(カーディガン)はコレをおすすめします

 f:id:chakuma2017:20180728064238j:plain

オールシーズン使える服は便利ですね。

今回はユニクロでオールシーズン使える羽織物を紹介します。

ユニクロのロングセラーカーデはオールシーズン使えて優秀

おすすめするのは、この定番コットンカーディガンです。

現在、ロング丈やボタンのないトッパ―カーディガンが流行中です。

 

けれども、普通丈のボタンのある普通の服が実は便利なんです。

さらにオールシーズン使えるポイントはコットン素材だということです。

 

コットンと一口に言っても、ネルシャツのように起毛素材の冬向けの生地もあります。

夏向けのさらっとした生地もあります。

 

素肌に来てもチクチクしないし、ごわごわすることもありません。

このカーディガンは、ふんわり優しい肌触りです。

 

実用面としては、一年中基本、暑すぎるとき以外ならいつでもどこでも着られます。

季節の変わり目や、冷房対策、急な天候の変化などに様々に対応します。

クルーネックカーデを選べばコーデも実用も応用が効く

次に、この手のカーデを買うときに迷うのはクルーネックか、V開きか、です。

今回はクルーネックを選びました。

実用もコーデも応用の幅が広いんです。

 

理由は、前を閉じれば一枚のトップスの様にも着られます。

そして肌寒い時は上までボタンを閉めれば防寒になります。

 

紫外線が気になれば、ボタンを上まで閉めれば防止できます。

 

普通にボタンが付いているカーデが結局は便利です。

 

前にボタンがないトッパ―型は風が吹くとヒラヒラして、うっとおしいときがあります。

真夏はいいですけどね。

 

また、寒い季節は前を閉じられないカーデは防寒がいまひとつ。

けれどもボタンさえあれば開けるも閉じるも自由です。

無難を脱する淡いイエローカーデでコーデの幅が広がる

次は色選びです。

もちろん、無難の代表は黒や白です。

 

ですが黒は意外と使いにくいことがあります。

それは、うっかりすると全身真っ黒になってしまうことです。

 

そこで羽織物であるカーデは、あえて明るめの色を選んでいます。

この色は一見、敬遠しがちかと思います。

 

ですが意外と合わない色がありません。

淡いイエローなので、主張しすぎないからでしょうね。

 

ネット状でもどなたかがこのイエローを推奨していました。

差し色にも使えるそうです。

 

白っぽいパステルカラー寄りの色なのでレフ効果も期待したいところです。

透け感のない羽織物の方が使いやすい

夏は透け感のある羽織物に目が行きます。

涼しそうですからね。

 

でも、ちょっと待ってください。

透け感のある羽織ものは、下に着る服がかなり限定されることをご存知ですか。

私はダテに年を重ねていませんよ。

 

過去に「涼しそう。」と飛びついて買った透け感のあるカーディガンがありました。

結果はどうなったか。

 

ほとんど着ませんでした。

無難な白などを選んだのに、です。

 

なぜでしょうか。

それは下に着る服とのバランスが悪いと合わせにくいんです。

 

それが単に透けていないだけで途端に合わせやすくなります。

さらに透け感のあるカーデはン夏しか着られません。

 

秋になったら「このカーデ今着たら変?」

といちいち迷わなくてはいけません。

 

ですがコットンで透けない質感なら、オールシーズン違和感がありません。

バッグに入れておけば「ちょっと寒いな」というときに一枚足すだけで全然違いますよ。

 さいごに

ユニクロの服のどれを買ったらいいかわからない。

似たような服が数種類ありますから、迷って当然です。

 

 

理由は、「長く使う」「扱いやすい」「着やすい」ことが優先ではないからなんですね。

おしゃれを最優先にする選び方と、実用を考慮した選び方は違って当たり前なんです。

 

だいたい、買って外れがないのはロングセラー品です。

今回紹介したカーディガンもロングセラーです。

(実際は生地の質感などが微妙に変わっていると思います。)

 

結局、出番が多くて使える服って普通の服なんですよね。

変わったデザインの服はそう多くはいらないんです。