簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

断捨離の効果とは~迷っているあなたは損をする~

今回は断捨離の効果についてのお話です。

断捨離は数年前からのブームです。

けれども一体何のために行うのかと疑問を持つ方がいるでしょう。

 もくじ

 思考と行動がシンプルになる

「断捨離に興味があるけれど大変そう。」

こんな風に迷っているあなたにこそ実行してもらいたいのです。

なぜなら明らかにプラスの効果があるからです。

 

誰しも何らかの効果があるからこそ、行動を起こします。

例えば断捨離がそのひとつです。

 

断捨離の効果は既にあちこちで説明がなされています。

それらと同様に、もう一つ大きな収穫があります。

 

それは断捨離を行う過程にあります。

思考と行動がシンプルになるのです。

 身の回りのあふれた物は、普段の思考が姿を現したもの

思考と行動は連動しています。

なぜなら、物がそこにあるのはあなたが考えて行動した結果だからです。

目に見えない思考は行動に反映されます。

その結果物となり、姿を現すのです。

 

もし、あなたが断捨離できず、身の回りが物であふれているとします。

この場合、きっと多くの悩みや迷いも抱えているはずです。

 

それはなにひとつ「決める」という結論を出せずにいるからです。

だから、迷い続けるあなたは大きな損をすることになるんです。

 

また、多くの場合同じ事を繰り返し考えている事でしょう。

例えば何度も断捨離のことばかりを考えているとします。

 

この場合も結論を出せずに二の足を踏んでいるはずです。

断捨離は何らかの節目に実行と行動が必要です。

 思考の良くないクセは断捨離で修復できる

けれども延々とズルズルとし続けなければいけないものではありません。

いったん、ある程度終結を見たらそこで一端終了すべきものです。

ひとつひとつ、断捨離した過去のものに対して思いをはせてはいけません。

 

私達が生きていくことにおいて、自ら足止めをかけてしまうことがあります。

それは思考の重複です。

 

物で言えば、1つあれば十分な物が、3つも5つも10もあるのと同じです。

1つしかなければ、それに対する思考と行動は1度で済みます。

 

ところが3つや5つや10もあれば、それぞれが掛け算式で増大します。

気が付けば昨日とおとといと1週間前と同じ事を繰り返し考えてしまうのです。

そして何の解決をみなくても「考えている」事により、何かを実行したような気になってしまうのです。

けれどもこうした癖は断捨離で修復できます。

 断捨離を通して行動する習慣が身に付く

物を通して決断する、行動するという習慣が身に付くのです。

その結果思考と行動がシンプルになります。

 

思考と行動がシンプルになるとどんなことが起きるでしょうか。

常に冷静な気持ちでいられるようになります。

 

様々な不安、イライラ、嫉妬、焦り・・といった負の感情がなくなります。

もちろん、人間ですからそうした感情が沸き起こることはあります。

 

けれども断捨離以前と大きく変わることがあります。

それは負の感情のスパイラルにはまりだしたと、すぐに気が付けるところにあります。

 

一見、ぐちゃぐちゃに絡まった感情や思考も、ざっと整理すれば実はシンプルであると気が付けるのです。

それはごちゃごちゃした物と同じなのです。

迷って立ち止まっても何も変わらない

断捨離をするべきかどうかと、迷うあなたは明らかに損をすることになります。

 

なぜなら、迷うということは「変えたい」と切望しているに他ならないからです。

そうした本心があるにもかかわらず、立ち止まる理由はなんでしょうか。

おそらくは、立ち止まることを望んではいないはずです。