簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

断捨離するとお金がかかる事を恐れ実行しない時に取るべき行動

数年前から断捨離ブームです。一方で断捨離するとお金がかかるから実行しないと考える人もいます。今回は断捨離をするとお金がかかるのか、またそれに関連するとるべき行動についてのお話です。

はじめに断捨離を何のために行うのでしょうか。それは今の状態が良くないと危機感を抱いているからのはずです。つまり断捨離で自分の身の回りに良い変化をさせたいから行うのではないでしょうか。

ところが断捨離の目的を考えないと「お金がかかる」という「部分」に注目してしまいます。確かに物を処分することはお金がかかることがあります。

粗大ごみに出せば処分手数料をとられますし、業者に大量に処分を依頼すれば決行な費用がかかることがあります。

けれども裏を返せば「多すぎるもの」は遅かれ早かれ誰かが処分をしなくてはいけません。生きていれば物は増えるのが常なので処分をしない限り物は増え続けます。

ところが物を買う事にお金を使う事は良くても、処分する事には絶対にお金を使いたくないと考える人もいるでしょう。

この場合、何が何でも優先すべきはお金であると考えれば確かに「お金がかかるなら断捨離しない」という結論が出ます。

けれども価値があるのは本当にお金でしょうか。お金を使う事を恐れてせっかくの住まいのスペースが物で埋もれていたり、雑然とした住まいで暮らしにくさを感じることが本当にお金を少し使う事より優先すべきことなのでしょうか。

お金を使いたくないと断捨離をためらううちに、お金を得るかもしれない機会をも同時に失っているのです。

断捨離をして、安物を手放した後、もっと高価な物に買い替えるなどにチェンジする必要はありません。例えばテレビボードを断捨離した後新たなテレビボードに買い替える必要があるわけではないのです。もしかするとテレビその物が不要だと思うかもしれません。

断捨離で大量の本を手放した後新たな本棚を買い直さなくてはいけないわけではありません。空いた空間は空いたままで良いのです。

また物を1つ買う前には1つ手放してから買うと良いと言われています。例えば最近の大手通販では新しい家具を買うと古い家具を無料で処分してくれることがあります。ですが1つ手放して1つ入れた位では甘いのです。

この場合はもう一歩進んでみることをおすすめします。1つものを買うのであれば2つ、3つ、またはそれ以上でも良いのですが最低でも2つ手放してから物を取り入れることです。

そしてこの時、先に手放してもすぐに物を買わずに生活してみます。すると「あれ?なくても暮らせる」と気が付けばしめたものです。1つ手放して1つすぐに取り入れるのではなく間を置くことで本当に不要な物に無理なく気付けます。

不要だとわかればもう1つ手放しても1つ取り入れる必要はありません。物を減らしたままで良いのです。

もちろん、いっとき世間で話題になったような、やりすぎの断捨離を行う必要はありません。あくまで無理のない範囲で無駄な物に気付けば良いという事です。

このような手順を踏み無理なく断捨離をすれば、最終的にはお金がかかるどころか、お金がかからない生活になります。

今まで絶対に必要だと信じていた物が要らないと気付くので、その分出費が目に見えて減るのです。出費が減って浮いたお金は「世間体」とか「常識」にとらわれない自分が幸せになれる事にお金を使えば良いのです。

断捨離の目的は本来、それにあるのです。