簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

外食では栄養のバランスを求めないほうがスッキリします

外食や惣菜、弁当をやむを得ず買う場合は、栄養価を求めないことにしています。家でしっかり食べれば良いので、やむを得ず外で何かを食べるなら消去法でメニューや店を選びます。外食などで栄養のバランスをよりよく摂ろうをするのは無理があります。無理があるので初めから求めないのです。

弁当にサラダは添えなくていい

スーパーのレジに並んでいると学生さんや男性がサラダを添えて買っているのを目にすることがよくあります。「野菜を食べなくてはいけない。」という努力でしょう。

けれども惣菜などで食べるサラダを食べても大した栄養価は摂れないんですよね。家の外では野菜を摂ろうとは思わない方がスッキリします。

その代り選ぶメニューは消去法です。できるだけ妙な混ぜ物や質の悪い油を含まない物を選びます。

ランチは居酒屋とファミレスが良い理由

こうしたメニューを選んでいくと一番良い店は居酒屋です。ランチまでなら、ごはんや焼き魚、刺身など素材をメインにしたメニューが豊富です。パスタなどがメインのお店は女性に人気ですが糖質メインでタンパク質も野菜も少ないので却下することが多いです。パスタより意外と良いのはファミレスです。ファミレスにはチキンやステーキがあります。一見、肉は高カロリーで太るイメージがあります。けれども糖質がほとんどのパスタなど麺類に比べれば素材を焼いただけなのでまだよいと思います。

ファミレスのスープは飲まない

ファミレスの場合はドリンクバーをセットにします。コーヒーやハーブティーがあるので、それを飲みます。サービスでスープバーがついていることがありますが、これは飲みません。塩分過多になるし、油や化学調味料を大量に含む事が明白だからです。コーヒーやお茶を食後に飲めば血糖値が急上昇しにくいと言われています。というわけで余計な物を含まない飲み物がいろいろあるドリンクバーをセットにすると効率的です。

良くない物を食べない消去法で選ぶ

外食で「健康に良い食事をしよう」というのは無理があります。味付けが濃いし油も多く使われます。野菜は添えられていても見かけだけです。なので外食で野菜を摂って身体に良い食事をしようと思わず、「良くない物を食べない」という消去法で選ぶ方がうまくいきます。

始めていく店は定番メニューが良い理由

テレビ東京の人気番組、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で蛭子能収さんがご当地物を食べすに、とんかつ、オムライス、カレーばかり食べていたのもある意味うなづけます。いずれも素材がはっきりしているメニューです。選んでいるメニューが単なる好みにのか、それとも健康を意識したことなのか、それはわかりません。ですが、いずれもご飯がメインですから半分は余計な混ざりものが入る隙がありません。とんかつは一見、高カロリーで敬遠されるイメージがありますが、衣に油を使うとはいえメインは成形されていないシンプルな豚肉です。オムライスも同様にご飯以外は卵がメインですから内容不明の食品が入り込む余地があまりありません。カレーは多少何か入ることがあっても小麦粉とカレー粉に肉と何かの根菜メインです。

確かに外食は当たりであれば美味しい食材に出会えます。ですが知らない初めてのお店の場合はあれこれ迷って冒険するより「はずれのないメニュー」を選ぶ方が正解という事は多々ありますね。