簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

クローゼットの肥やしにならない服の買い方

f:id:chakuma2017:20180905190827j:plain

今年の夏のはじめ、「これは必要」と見込んで買った服が何枚かあります。ところが想定外がありました。予想より暑すぎたのです。「必要」と見込んだ服は暑すぎて着られられませんでした。代わりに別の服を買うという「想定外」が起きました。

必要に迫られて買う服こそが必要なもの

結局、暑くて着られなかった服はクローゼットの肥やし化しました。あわてて買い足した服は通販で探しました。実店舗でささっと買うつもりでしたが、既に店頭は夏物がなく、秋一色でした。

これと似た事が今年の冬にもありました。それは「想定外」の寒さです。いつものライトダウンコートでは寒すぎました。慌てて厚手のダウンを探すも、世の中は既に品薄気味。結局、通販で探しに探してやっと厚手のダウンを買いました。季節の終わりころに服を買うのは、無駄な気がしてしまいます。「もう少しで暑さ(寒さ)は終わる。慌てる必要はない。」そんな風に構えるのですが、その「もう少し」がどうにも我慢できずに買い足しました。

想定外の暑さ寒さで買った服は確実に着る服だった

このような形で買い足した服は100%ではありません。けれども一つ言えることがあります。それは「絶対に必要な服」だということです。クローゼットの肥やしにならないことは確実です。本来は全てがこのように「今、このとき」に買えば間違いありません。

けれども、服は実用以外にファッションの要素が大きくあります。その関係で店頭に並ぶ時期はまだシーズン前です。そのころに早めに買えば豊富な中から選べます。ところが困ったことにそのシーズンの気候がどうなるかは未知の世界です。だからこそ、私たちは先を見越したつもりで早めに服を買います。ところがそうした準備がクローゼットの肥やしとなる確率は高いのです。

必要に迫られた服はクローゼットの肥やしにならない

一方で必要に迫られて慌てて買う服は「肥やし」になりません。品薄になっていることが多いのは一見デメリットに思えます。けれども見方を変えれば、選択肢が減るという事です。選択肢が少なければ迷う余地がありません。これを逆手に取る方法もがあります。多くの女性が陥る悩み、「服があっても着る服がない。」状態とは結局、季節の先取りが裏目に出ているケースが多いようです。

世の中に物はあふれています。洋服も例外ではありません。選択肢は減るものの、慌てて買い足しても何とかなるものです。つまり品薄を覚悟しつつも「今、必要な服」を「これがないと困る」状態で買えばいいのです。そうすればクローゼットの肥やしはなくなることでしょう。