簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

サイゼリヤのランチを二回、10年ぶりに食べに行ってみた感想

f:id:chakuma2017:20180914081520j:plain

私はアラフィフ主婦ですが10年ぶりにサイゼリヤに行ってみました。サイゼリヤとはイタリアン系洋食のファミレスです。特徴としては第一に「安い」イメージが浮かびます。また学生や若い層が多く店内は落ち着かないようなイメージも。そんな私が続けて二回サイゼリヤに行ってみました。

もくじ

 

「サイゼリヤにいい年した大人が行くって」という思い込みがあった

まず、サイゼリヤに来たのが10年ぶりになった理由です。勝手なイメージですが「安いけど、学生などが多くて落ち着かない。」というイメージがありました。小さい子供連れならいざ知らず、「アラフィフの女性が一人で行くってどう?」みたいな偏見に満ちた思い込みがありました。

ところが、たまたま出かけたときに、急にぽっかり45分ほどの空きが出来てしまいました。いつもなら喫茶店かカフェに行くところですが、モーニングは終わっているし、お腹が空きそうです。見ればちょうど近くにサイゼリヤがありました。その場所はこれまで何度も通り過ぎたかもしれない場所です。ですが何というか視界に全く入っていなかったのです。

カフェより席はゆったり・平日午前中なら落ち着ける

あちこち移動する時間もないので「エイッ」とサイゼリヤに入ってみることにしました。行った日時は平日の午前11時半頃です。案内された席は片方がソファ型、通路側が椅子のよくあるファミレスの間取りです。

サイゼリヤは、隣の席との間隔はもっと狭かったおぼろげな記憶がありました。ですが久し振りに座った席は思ったよりゆとりがありました。見れば私と同年代の女性が何人かランチを食べていました。買い物の帰り風であったり、ちょっとした息抜き風であったり、はたまた60代後半ほどの元サラリーマン風の男性はワインとおつまみとしてのランチをゆっりと楽しんでくいました。

「なるほど。サイゼリヤが安いからと言って、学生や若い人だけの空間ではないんだ。」

様子は様々ですがみんな一人の時間を満喫しているように見えました。例えば私ひとりで平日の昼間に行くなら、サイゼリヤが手ごろで良さそうです。休日、夫と二人で出かける時には雰囲気や質重視やバリエーション重視がいい。けれども自分ひとりのときに、そうそう半端にお金と使わなくてもいい。また、カフェであればコーヒー一杯で500円ほどです。これにちょっとサンドイッチなどをプラスすれば1,000円になってしまいます。

カフェは糖質中心になるからファミレスが良い

また、カフェの場合はお昼に何か食べようとしても、パンが中心です。となるとどうしても糖質が多くなります。これが気になるのでお昼近い時はかカフェではなくファミレスの方が良いという考えです。

サイゼリヤのドリンクバーのコーヒーはドトールから仕入れた豆を使っているそうです

サイゼリヤのドリンクバーのコーヒーの、豆はドトールから仕入れているそうです。ならばドトールに行くならサイゼリヤでコーヒーを飲むという考えもあります。(味などは違います。)もちろん、価格だけではなく雰囲気や状況次第です。けれども、まだ学生さんがいない時間帯であればサイゼリヤは落ち着いた場所として活用できるのだということがわかりました。

「思ったより、落ち着ける。」これがサイゼリヤの第一印象です。もちろん、日時に寄るのかもしれません。ですが少なくとも平日の午前中に入店すれば、ゆっくり過ごせそうです。カフェは座席の間隔がかなり狭い事が多いので、このくらいならば十分だと感じます。12時になった途端、客が一気に増えはしましたが。ちょっとだけ早めに入店するのがゆっくりするコツですね。

ランチは何とワンコイン・しかも9種類から選べる

ランチは9種類もあります。

 

肉系が3種類

パスタ系が3種類

ドリア系が3種類

 

合計9種類です。

 

どのメニューもカロリーや塩分表示があります。

いずれもサラダとスープバー付です。

サラダはポテトサラダとレタスの組み合わせです。

スープバーは2種類あります。おそらくコンソメとコーンでしょう。(飲んでいないので未確認)

肉系は鶏からあげのようなもの1種とハンバーグが2種でした。

パスタは3種でパンも付いていたと思います。

ドリアは3種あります。

サイゼリヤの ランチドリンクバー110円を飲んでみた感想

ランチに「ランチドリンクバー」として注文するとドリンクバーは110円です。私は外食でいつもスープは飲みません。塩分と不明な油脂が多くなるからです。その代りドリンクバーを頼みますがいつも暖かい飲み物を飲みます。

サイゼリヤのお茶類はティーバッグでした。手軽でいいですね。食前にアップルティーを飲み、食後にコーヒーを飲みました。他の方はドリンクバーでは冷たいジュースを飲んでいる方が多いようでした。

お茶の方はティーバッグなので味は普通です。肝心のコーヒーですが、お湯がぬるいことと、抽出が薄いと感じました。安全のためにお湯の温度を低めにしていのでしょうか。アメリカン、ブレンド、両方飲んでみましたが、アメリカンはともかくブレンドもやはり味は薄めでした。喫茶店やカフェとのコーヒーの違いは当然ですが、あります。まあ、自宅で飲んでいると思えばいいので価格が価格ですし許容範囲です。

サイゼリヤのランチのうちハンバーグを食べた感想

今回はハンバーグを頼んでみました。目玉焼きの黄味は半熟より緩めの焼き方です。フォークを刺すと黄味が程よく流れ出ます。ハンバーグは私好みでヘルシーです。ただかけてある照り焼きっぽいソースは惣菜系の味に近い気がしました。このソースが無ければよいのですが。塩分ですが、この画像のハンバーグが一番少なく、外食で珍しいたった2グラムです。ソースをよけながら食べれば、もっと控えられるかも。ポテトとレタスは普通です。

またパンかご飯が選べますが、ご飯は小盛りにするとマイナス30円、大盛でプラス30円です。私はごはんにしました。小盛りでちょうどよいです。

 サイゼリヤのドリアには「500mlもの生乳が使われている」なんて

 サイゼリヤのホームページを見ますとドリアには例えばミラノ風ドリアには1食分のホワイトソースに対し500mlの生乳をつかっているとか。それなのにあの価格(299円)で出せるのはオーストラリアにホワイトソースの自社工場があるからなのだそうです。ハンバーグもオーストラリアの自社工場があるから実現できる価格なんだそうです。安い理由がわかれば安心して食べられますよね。

2回目はチキンドリアを食べてみた

というわけでドリアは何が入っているかわからない不安から外食で食べるのは控えていました。ですがドリア一食にホワイトソースが500mlも使われていると知り、別の日にドリアを食べに行ってみました。この日頼んだのはミラノドリアではなくランチメニューのチキンドリアです。

私個人として他のメニューより塩分が多い事がネックでしたが、夏なので汗をかくから良しとして食べることにしました。早速食べてみました。まずホワイトソースは予想通り美味しいです。他店でドリアやグラタンを食べて失敗するのはマーガリン系の風味がしたときです。けれどもサイゼリヤのドリアはHPの記載通り、牛乳の風味がしっかりしていました。

ただちょっと残念だったことがあります。それは予想に反して「チキンドリア」のチキンが細かく小さく存在感がかなり薄かったことです。

サイゼリヤランチメニュー9種には当たりはずれがあるかも

ランチメニュー9種のうち食べたのは2種ですが、思うにランチメニュ―の中でも当たり外れが多少存在するのではないかと思いました。もちろん、あくまで好みですが。例えばランチメニューは一律500円です。前回食べたハンバーグランチは500円ならかなり安い。ですがチキンドリアはチキン率がかなり低かったので、もしかするとあまり安くはない印象です。しいて言えば生乳を500ml程度使っていると仮定すれば妥当ではあるのです。けれども他のメニューと比較すると多少上下しているのではと思われます。あくまで推測ですが。

サイゼリヤの総合的な印象は「ひたすら驚き」

 ここまで感じた事をつらつら書きましたが、結論としては驚いています。わずか500円くらいの金額でこれだけのサービスを提供できることに、です。 500円と言えば今時コンビニの弁当より安い価格です。そんな金額で一部セルフ(スープ、水、ドリンクバー)とはいえ席まで注文を聞きに来てくれて、料理もテーブルまで持ってきてくれます。涼しい店内で一息つけて、トイレを借りてたった500円です。お店のスタッフさんは皆さん、丁寧ですし。改めて驚きます。一人の時に、また行ってみます。

さいごに

「今から500円出すから、ちょっとご飯食べさせて。」と言われたら、私はとてもじゃないけれどできません。当たり前にあるファミレスですが、久々に行ってみたら「これまでのことは思い込み」ということがよくわかりました。もちろん、どんなに安くてもお店側は基本的に利益を出しているのでしょう。けれども、安い金額なのに、万人をほっとさせて「安い」と安心させつつ不安のない材料で食事を提供する。これはすごい事だと思いました。何気なく久しぶりに足を運んだサイゼリヤですが、様々な発見と驚きがありました。また日常のちょっとした合間に行ってみようと思います。