簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

さんま調理の臭いが気にならない意外な方法・さんまを焼く調理は老化が早まる

f:id:chakuma2017:20180930172043j:plain

今朝の朝食です。普通です。しいて言えば、焼いたら手間がかかり、臭いがするさんまがあります。ですが、ちょっとしたコツで朝の手間はゼロになるんです。また、なるべく洗い物を増やさない小さな工夫をくわえました。

メニュー

  • 雑穀米
  • みそ汁(なめこ、ホウレンソウ、豆腐)
  • さんま
  • 目玉焼き
  • 納豆
  • しそ
  • キウイ

さんまを焼かずに煮る理由とメリット

まず、さんまは前日の夜に作りました。そうです。前日の夜ごはんも、さんまがメインです。そして、さんまは焼かずにフライパンで煮ました。弱火で煮ます。

夜と翌日の朝に同じものを食べたくない場合もありますが、魚はなるべく鮮度の良い物を食べたいので、夜と朝に続けて食べることがあります。

朝にもう一度調理する必要はrありません。夜に1尾余分に作ればいいだけです。

3人家族ですが4尾を買い、前日に4尾を煮ます。朝食には夫と私がさんまを半分ずつ食べます。(朝は1尾を食べない&息子はさんま嫌いなので)

そうすると、さんま独特の臭いもあまり気になりません。さんまを焼いたら、脂が苦手な人もいますよね。けれども煮れば脂っぽさも気になりません。

また、焼く調理よりも煮る調理の方が老化防止になるそうですよ。さんまを焼く調理は老化を早めてしまうということですね。これはさんまに限らず全ての食材に言えることのようです。

ワンプレートの液ダレ防止にはシリコンカップを使う

それから、最近始めた工夫はワンプレートにしたとき気になる液ダレや、キウイのように、他のおかずに触れさせたくない場合の小さな工夫です。

それは弁当用のシリコンカップを使う事です。画像ではキウィを入れていますが、他には、いつも作っておく酢キャベツ、酢トマト等の液ダレを防ぐことができます。

 何でもいいのですが、少し大きめがおすすめです。弁当用だけに限らず食卓でも使えます。

(これは我が家で使っている物ではありません。)

パール金属 クッキングデポ シリコーン ロボカップ 大 C-3919

パール金属 クッキングデポ シリコーン ロボカップ 大 C-3919

 

 

別の小鉢などに入れれば済む話なのですが、そうすると洗い物が増えてしまいます。仕切りのある皿は仕切り通りにおかずを作るとは限らない。見栄えはいまひとつですが、これで手間が一つ減りました。