簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ウィルスバスター(セキュリティソフト)は更新vs新たに買う本当に得なのは安い方とは限らない理由

セキュリティソフトはウィルスバスターを使っています。先日、パソコンを立ち上げると「期限が近いので、更新手続きをすれば3か月延長」の案内が出ました。

まずは価格で比較してみた

さて、こういう更新の案内から手続きをすると簡単で楽な分「結局はもっと得な方法があるんじゃないか。」と勘ぐってしまいます。

念のためググってみると、巷のブログなどではこんな風に発言されている方が多いようでした。

「パソコンを立ち上げた時に出てくる『更新案内』から手続きをすると損」

そして楽天のトレンドマイクロ(ウィルスバスターの販売会社)から新規で買った方が安い。という情報が多数でした。

そこで調べてみますと、確かに販売価格だけを見ると更新するより新規で買った方が安いように思えます。

料金にどのくらいの差があるのでしょうか。確認してみました。いずれも3年分で比較しています。

(記事内の金額は記事記入時点のものです。) 

まずは楽天のトレンドマイクロのダウンロード版です。

 

2か月延長付きなので38か月分の価格という事です。

一か月あたり 12,780/38=336.3

次は楽天内で一番安かったショップの販売です。

一か月あたり 10800/36=300(最安値)

 最後に、パソコンを立ち上げると出てくる案内から更新した場合です。こちらから更新すると3か月延長ということなので39か月分です。

3年版+3か月延長 ・・支払いが済めば自動更新

実質一か月あたり 11,880/39=304.6

 

というわけで、一番安いのは、パッケージ版でマイクロソフト外の最安値ショップさんから買う事という結果になります。

楽天から買う場合、スーパーポイントやクレジットカードのポイントも考慮しよう

上記の項目では単に価格で比較しました。ですがこの他、楽天を経由する場合は

  • 楽天スーパーポイント
  • クレジットカード利用のポイント
  • お買い物マラソン利用のポイント

も考慮する必要があります。

例えば楽天お買い物マラソンなどのタイミングやクレジットカード払いによるポイントなどを考慮した場合、表向きの金額比較以外の選ぶ基準があります。

セキュリティソフトの更新の手間を考えてみた

今回、期限を迎える分は家族3人のパソコンに使っています。夫、私、息子です。ウィルスバスターの契約とか更新などの細かいことは私が管理しています。

そこでパソコンを立ち上げた時に出てきた案内ページから素直に更新手続きをすれば、手間いらずです。私がやるのはお金を払う事だけ。更新はお金を払えば自動で更新されます。契約しているシリアルナンバーも引き継がれます。支払方法は選び直すことができます。

ところが仮に新たに買い直したとします。これは再度ダウンロードなどの操作を家族3人分確認しなくてはいけません。これは面倒くさい。多少、値段が割高になっても、更新する方を選びたいと考えました。

金額の差はわずかだったので手間がかからない契約を選んだ 

最終的に、パソコンを立ち上げると出てくる更新のおすすめから手続きをしました。最安値ではありませんが、月当たりの差は4.6円、トータルの差額は39か月に合わせた場合179.4円の差です。

この差額ならば、持ち主が違うパソコンにダウンロードする手間のいらない方がいいと判断しました。

もう一度まとめますと、私(我が家)が購入したのはパソコンを立ち上げると出てくる3か月延長で11,880円という更新タイプの契約です。

 というわけで、最安値ではありませんが、パソコン立ち上げ時に出てくる3か月延長付き更新プランを選びました。決済さえすれば、何もする必要がありません。

私の場合、今回はクレジットカード利用によるポイント付与や楽天スーパーポイント付与のことは考慮しないことにしました。

この辺の基準は、各自考え方があります。自分に合う基準になるものを選べばいいですね。

自分にとっての「安い」とはどういうことか

実は過去に、更新ではなく同様の比較をして新たにパッケージ版を楽天から買うスタイルで買ったことがあります。ところがなぜかスムーズに行かず、四苦八苦したことがあります。私の様な例はあまりないと思われますが、わずかの金額の差で手間がいらないなら、そちら(更新)を選んだ方が良いという選び方があります。

ところが「何が何でも安く」としたがために余計な気苦労や手間と時間を浪費することがあります。この場合、お金はいくらか少なくて済みますが、それ以外のことは消費しています。一般にお金の支出を最優先にする比較が多いのですが、大差ないのであれば楽な方を選ぶという選択肢もあります。

人によって「安い」の基準は変わるということです。ある人にとっては価格そのものが安い事が文字通り安いとします。またある人にとっては大きな差がないなら手間がいらない方が「実質安い」という判断ができます。

セキュリティソフトの更新月に時間をかけたい人はまずいないですよね。こうした事全般に詳しく、何かわからない事があってもすぐ対処できる方なら金額的安値を選んでいいと思います。金額にだけこだわらずに選ぶことが物事をスムーズに進めるコツです。