簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

秋冬のおやつにおすすめ・糖質制限ダイエットにも最適

秋冬におすすめのおやつを紹介します。おやつといえば、どうしても小麦粉メインにスイーツやクッキー、ケーキになりがちです。そこで、常備しておくと便利なのはこれです。

そう、おでんです。おでんは、おやつなんですね。この辺の認識は人によって様々です。私はずっと、数年前までおでんは「おかず」だと思っていました。

f:id:chakuma2017:20181030173207j:plain

おでんはおやつ?おかず?

 

ですがある時テレビで見て驚きました。それは「おでんは、おやつ。」という世の人々の価値観です。私はおやつは、甘い物であり、おでんのような甘くない物は「どう考えてもおかずでしょ。」と思っていました。

まあ、その辺はどっちでもかまいません。いずれにしろ、おでんはおかずとして食べてもいいし、小腹がすいたときのおやつにしても良いのです。

おでんは糖質がほとんどない、たんぱく質が豊富

いずれにしても、おでんにはメリットがあります。それは比較的、栄養にバランスがとれていることです。同時におやつにありがちな糖質は控えめです。外食や喫茶店、カフェではどうしても糖質メインのメニューが中心です。そしておでんは暖まります。

例えばあるチルド式のおでんの場合、こんな具が入っています。

 

大根

昆布

さつま揚げ等の練りもの

こんにゃく

 

おでんの具のうち、糖質を含むのは練り物だけです。卵、昆布、大根は素材そのままです。こんにゃくは加工されていますが、添加物は限りなく少なく、食物繊維が豊富です。

煮汁に野菜を足してみた

味付けされている調味料に砂糖や化学調味料を含みますが、大量に糖質を取ることに比べたらマシです。それに汁は残せばいいですね。

今回、ネットスーパーで買ったチルド式の「おでん」ですが、せっかくなので、ついでにキャベツにざく切りを入れて煮ました。

主婦一人のおひるごはんのおかずに最適です。もちろん、おやつとして食べてもいいですね。かなり食べごたえがあるのですが、カロリー(最近はカロリーはあまり重視されていませんが)控えめです。

 このまま、温めて食べても良いのですが、好みの具を追加すれば簡単においしいおやつ(おかず)が完成します。例えばソーセージ、はんぺんなど何でも好きな物を入れれば手間もかかりません。

さいごに

特に外で何かを食べようとしたり、自宅で簡単にお昼を済ませようとしたり、おやつを食べようとすると意識しなければ糖質だけになってしまいます。

糖質は子供や若い世代には割と多めに必要でしょうが、私の年代(アラフィフ)では糖質は控えめを意識したほうが良いと認識しています。

けれども、いざ「じゃあ、何を食べる?」と考えても手軽に食べられる物が見つかりにくいですね。その点、おでんは秋冬のおやつにおすすめできます。

コンビニでも暖かいものを買えますね。実は私、今まで一度もコンビニおでんを買ったことがありません。そのうち試してみようと思います。

糖質が控えめなので、ダイエットしたい方にも適しているのではないでしょうか。