簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

片付けと断捨離にエネルギーを使い過ぎない方が良い7つの理由

片付けや断捨離は必要ですが、あまりにエネルギーを注ぎすぎない方が良いでしょう。それは一体どうしてなのでしょうか。

理由は簡単です。片付けも断捨離もあくまで、目的を達成するための手段に過ぎないからです。

 

ところが気が付けば、ついうっかり片付けや断捨離自体が目的と化してしまいます。こうした状態では片付けても断捨離をしてもいつまでも効果を感じられません。

今回は片付けと断捨離にエネルギーを使い過ぎない方が良い理由を7つ紹介します。

もくじ

 

目的と手段が入れ替わりやすい

片付けも断捨離もあくまで目的を達成させるための手段です。例えば、こんなことですね。

狭い部屋が散らかっていては、快適に過ごせなくなります。そこで片付けたり、断捨離をして、狭くても無駄なくスペースを活かそうとするような目的です。快適に暮らそうという目的があります。

ところが片付けと断捨離に夢中になりすぎると、既に十分、片付いているのに、「もっと片付けなくては。」と思ったり「もっと捨てるものがあるはず」などと目的を超えてしまうケースがあるようです。

こうしたことが起きてしまうのは、目的を決めずにスタートするからです。はじめに「何のために片付けや断捨離をするのか」ということを理解しないままスタートすることが原因です。

 

片付けと断捨離自体が趣味になりやすい

片付けや断捨離自体は、生活の上で不定期に実践する必要はあります。けれども、これを年中、実践する必要はありません。

物が増えすぎて来たと感じたタイミングや、家族の節目で持ち物が大幅に変化したときなどに実践すればいいことです。

ところが、片付けと断捨離自体が楽しくなってしまい、趣味化してしまう例があるようです。もちろん、趣味として個人が楽しむ分には問題ありません。

ですが家族に無理を強いたり、内心「捨てられる」と怯えさせるなどの場合は、趣味が個人の域を超えているということです。

 

目的よりも見た目を重視しやすい

本来の目的を忘れたり、意識せずに世間のブームに乗った片付けと断捨離は一度踏みとどまる必要があります。

それは片付けと断捨離は見た目が良くなるので、知らず「他人から褒められる片付けと断捨離」を重視しやすい危険があります。

もちろん、見た目を整えること自体は良い事でもあります。暮らしをアートとして楽しむ視点は楽しいものです。

ですがそうした楽しみではなく、「他人から素敵と褒められたいがための見た目」を整える目的に走ってしまう場合は要注意です。

人に片付けと断捨離の概念を反映する恐れがある

片付けや断捨離を一生懸命にがんばる人が、時に恐れを周囲に抱かせてしまうことがあります。それは「最後には私が片付け、もしくは断捨離されるのではないか」という無意識レベルの恐れです。

自分の持ち物を捨てられない人というのは、物に自分を反映しています。だから例え古くて使わなくても捨てられないのです。

ところが「もう、古いし、汚いし、使っていないし、役に立っていないから、捨てましょう。」と他人から強要されることくらい恐ろしく、反発する理由をうまく言えないものはないでしょう。それはプライドが本音を言う事を許さないのです。

他人に厳しくなりやすい

片付けと断捨離に過敏になると、物の見方が厳しくなります。それは容易に無駄な買い物をしないことではあるのですが、同時に人に同様な感覚を持ちやすいから注意が必要なのです。

妥協や「ほどほど」という許容の気持ちを忘れやすい

厳選した的確な物の所有の仕方をするのは理想です。ですが実際はどんなに気を付けても、自分が意図しない物が入り込みます。

景品だったり、教材だったり、もらい物だったり、様々ですが、「完璧」はないということです。たとえ自分の好みや意図しない物を手に入れてしまったとしても、多様な人脈や物の間で生きる私たちはそれを100%自分の好み通りにすることは不可能です。

いくらかは妥協したり許容したりしながら、世の中が回っていくのです。片付けや断捨離を完璧にこなそうとし続ける感覚とは何でしょうか。それは、自然に任せていれば、混沌とすることが当然の暮らしです。

ところが妥協や許容の気持ちを、「一切許さないという」エゴでもあります。片付けも断捨離も必要なことです。けれども、それに固執しすぎてはメリットが活かされません。

活かすならば過剰にエネルギーを使い過ぎない事です。そして常に妥協と許容の気持ちを持ちながら実践することです。そうすれば片付けも断捨離も効果的に目的の手段となってくれることでしょう。

時間と費用がかかる

片付けも断捨離も時間と費用がかかる例はあります。それ自体は問題ではありません。では何が問題かといえば、行き過ぎた片付けと断捨離にかけてしまう時間と費用です。

例えば、既に十分片付いているにも関わらず、見た目を重視するがために、収納グッズを使い過ぎたり、延々と片付けのことばかり考え続けてしまう例です。

さいごに

片付けも断捨離も必要なことです。けれどもそればかりを考えたり実践しすぎてはいけません。ある程度の形が整ったならば本来の「やるべきこと」に戻らなくてはいけません。もちろん、生業にしている方ならばこの限りではありません。

何のために片付けと断捨離をするのか。これをはっきり意識しながら進めれば「いつまでどのくらい、どんな状態まで片付けや断捨離をすればよいか」も迷う事がありません。