簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

洗濯物干しと取り込みにかかり過ぎていた時間の対策を考えてみた

f:id:chakuma2017:20181118160829j:plain

 「最近、時間が足りなくてあせってばかりいる気がする。」

そう、日ごろ感じていた私は、あらためて時間の節約を意識することにしました。

「時間の無駄を断捨離して、もっと有用な日々を過ごしたい。」 

 

無駄学 (新潮選書)

無駄学 (新潮選書)

 

  まずは自分の一日の行動を知ることです。朝、起きてから寝るまでの間、何時に、何をどのくらいの時間かけているのか。とりあえずは一日だけで良いので、全部行動する度にメモをとりました。そして一日分の行動を集計します。

一日を終えて改めて感じた事があります。やはり、一日中、ほとんどぼ~っとする時間がないことです。無理やり20分ほどの仮眠を入れていますが、それ以外はびっしりでした。

同時に、予想外に時間がかかっていることがあります。それは洗濯です。ある程度自覚はしていたのですが、1時間もかかわっていました。

洗濯機が洗ってくれている時間はなしに、洗濯物をセットしたり、干したり、取り込んだり、ベランダの手すりを拭いたり、乾いた洗濯物をしまうことにかけている時間が、24分の1時間もあったというわけです。

これは何としてでも短縮したいことです。この日は、布団カバーと毛布一枚を洗っていることも原因のひとつになっていますが、一日3回洗濯機を回す日は、もっとかける時間が多いはずです。

私がこの日、洗濯に1時間も時間を取られた原因と対策を考えてみました。

 

原因

 

洗濯物干しと取り込みに時間がかかる。

 

対策

 

家族各自に協力を依頼する。

ズボンを裏返す、ファスナーを閉じる。

ボタンダウンのシャツのボタンをはずす。

使用済みタオル、ハンカチを決めた洗濯ネットに入れる。

洗う必要のない服を洗濯籠に入れない。

 

また、洗濯物干しと取り込みに時間がかかるのは理由があります。

  • ベランダの出入りのときに安全のため、ゆっくり出入りする必要があること。(転倒防止)
  • 腕の痛みのため少量ずつ&右腕でしか物を持たないようにしている事。
  • ↑ 結果、何度も往復しなければならないので、時間がかかること。
  • 洗濯が日中乾き切らないので、夕方以降、室内干しで除湿機をつけていること。

こうして書きだしてみると、原因に気付きました。それは洗濯物を外に干す、取り込みにかかる時間と負担です。

これはそろそろ暖房を使う季節になると、部屋干しで乾きやすくなります。そうすればわざわざ外に干すことはないので、冬の間は時短できる可能性があります。寒暖の差があるベランダに朝、急に出ることはリスクです。

以前、住んでいたところは浴室乾燥機がありました。ですが今の住まいにはありません。だから洗濯物を外に出したり室内干ししたり、移行の手間がかかっているわけです。

こうしてみると、我が家(私)には洗濯物を効率よく乾かすシステムが不可欠だということがわかります。

家電の乾燥器を導入することも考えられますが、現在の住まいはあまり長く住む事を考えていません。ですので、差し当たりは除湿機が古くなっていて一台しかありませんので、もう一台取り入れることも考えようかと思いました。