簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ヨーカドーボディヒーターインナーを買ったのでユニクロヒートテックと比較してみた

f:id:chakuma2017:20181202084920j:plain

夫と息子のインナーをヨーカドーボディヒーターで買ってみました。本当は全部ユニクロヒートテックにするつもりでした。

けれども通販では最近のユニクロ感謝祭で全部品切れで買えませんでした。もっとも、セール前に夫の分は3枚だけ購入済みでした。

というわけで、ヒートテックとボディヒーターの比較をできる機会に恵まれました。早速紹介します。

もくじ

 

ヨーカドーボディヒーターはユニクロヒートテックとどれくらい違うのか

全体のサイズ感を比較

まず、こちらがヨーカドーボディヒーターです。・・と言っても、パッと見ためは何が違うかわかりませんよね。パッケージまでそっくりです。ヨーカドー側がヒートテックを意識していることは明らかですね。

f:id:chakuma2017:20181202085014j:plain

ヒートテックとボディヒーターを重ねてみました。実はこの画像を撮影しているときどちらもLだと思っていました。

ところが最後に確認したら、ヒートテックがM、ボディヒーターがLでした。

下にボディヒーター、上にヒートテックです。ということは、おそらくヒートテックの方が作りが大きい可能性があります。

MとLなら、重ねても比較とは言えません。ですがサイズ感の目安にはなると思いますのでそのまま画像を載せておきますね。

f:id:chakuma2017:20181202085112j:plain

重ねてみると、ほぼ同じです。

なぜ、こんなややこしいことになったかというと、ヒートテックを買って来たのは夫で、ボディヒーターを通販で注文したのは私だからです。私が通販で注文するとき、夫に尋ねたんです。

「M、Lどっちにする?」と、すると夫は「下着はLにする。」という答え。ところが事前に夫が自分で買って来たヒートテックはMだったという・・。

紛らわしい話でごめんなさい。そういうことです。つまりM,Lどっちでも大差ないということですね。

 襟ぐりを比較

次は襟ぐりです。

左:ヒートテック(ユニクロ) 右:ボディヒーター(ヨーカドー)

ヒートテックの方が若干襟ぐりの開きは小さめです。ボディヒーターはやや開きが広めです。

縁の処理は好みがわかれそうです。ヒートテックは伸びなさそうですが厚みが出る分服にひびきやすいかも。ボディヒーターは、伸びないかな?という点が気になりますが、今時そういうことはないのではと推測。服へのひびきにくさは少なそう。

色合いはヒートテックの方が真っ白、青みがかっています。ボディヒーターは生なりっぽいクリーム色です。

f:id:chakuma2017:20181202085339j:plain

縫い目の処理を比較

縫い目の処理はどちらも似たような感じです。

f:id:chakuma2017:20181202085843j:plain

袖の太さと長さを比較

袖は太さも長さも同じくらいです。縫い代の処理もほぼ同じです。

f:id:chakuma2017:20181202085939j:plain

少し違いがありますが、大きな違いはないでしょう。

f:id:chakuma2017:20181202090036j:plain

生地の厚みを比較

生地の厚みなどを比較します。ヒートテックです。

f:id:chakuma2017:20181202090136j:plain

ボディヒーターです。ヒートテックよりわずかに薄いというか、しなやかな感じですね。ただし、「薄い」ことがマイナス要素ではありませんので注意。このボディヒーターは「着ぶくれしないスッキリシルエット」&「薄いのに暖かい」が売りの品です。

f:id:chakuma2017:20181202090233j:plain

というわけで、生地の厚みによる優劣はないと言えます。

f:id:chakuma2017:20181202090449j:plain

生地の素材を比較

ボディヒーター

  • ポリエステル 61%
  • レーヨン 34%
  • ポリウレタン 5%

 

ヒートテック

  • レーヨン 34%
  • ポリエステル 33%
  • アクリル 28%
  • ポリウレタン 5%

表示を見る限り、より暖かそうに思えるのはヒートテックです。理由はアクリルを3割近く含むからです。けれども実際に着てみないと何とも言えません。まだ買ったばかりですので、夫にしばらく着てもらって感想を聞いてみることにします。

f:id:chakuma2017:20181202090633j:plain

価格を比較

 肝心のお値段です。定価であれば、ヨーカドーのボディヒーターが安いようです。ただし現在は通販で2割引前後で販売しています。値段は結構、変わる様です。 これを書いている現在は632円、税込み682円です。ヒートテックと比較すると割安感が大きいですね。

ただしヒートテックも期間限定価格で買うことが出来れば、ほとんど差がありません。

手に入れやすさを比較

次は手に入れやすさです。ユニクロはいろんな場所に店があります。一方でヨーカドーは最近、店舗が減りつつあります。全国規模ではそもそもお店がない地域もあります。ですがボディヒーターはネットスーパーで扱っていることもあります。また、ネットスーパー配達外でもネット通販なら買うことができます。

我が家では最近、ヨーカドーネットスーパーを利用しています。ただ、先日はボディヒーターを注文するのを忘れたので、イトーヨーカドーネット通販に注文しました。

ユニクロのヒートテックが品切れの時でもボディヒーターは手に入ることが多いようです。また、シーズンオフにはかなり安くなっていることもあります。

ユニクロのヒートテックですが、現在は白、黒、ベージュなら在庫があるようですね。ヒートテックも良いのですが、特に理由がないのであればボディヒーターを着るという選択もありますね。

色の選択幅を比較

ヒートテックはもともと、白、黒、ベージュのほかグレー、ネイビーもあったと記憶しています。ですが現在はネットでは在庫切れのよう。グレーは一色か2色か記憶がさだかでありません。

一方、ボディヒーターは、白、黒、ベージュ、ネイビー、ライトグレー、チャコールグレーがあります。現在通販ではライトグレー、チャコールグレーが品薄、在庫切れが多いよう。

さいごに

細かい差はありますが実質的な大きな違いはない模様。と言っても実際は各個人の好みなどがあることでしょう。けれども服はユニクロだけではないということです。ユニクロが先頭を切り、他の企業が参考にしている印象ですが、おかげでリーズナブルに似ているものを買える、メリットがあります。

買い物はタイミングも大事です。ユニクロは良くも悪くも洋服だけを扱うお店です。ですがヨーカドーは、多様な品を扱う分、他の買い物とインナーをまとめて買えるメリットがあります。そうなれば時間を活用できますね。