簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

クレジットカードとデビットカード、どっちを使う方が良いか・目指すキャッシュレス

f:id:chakuma2017:20181204175553j:plain

先日、申し込んだデビットカードが届いたので早速使っています。デビットカードを使う目的はキャッシュレスです。長らく、現金払い中心派を通した私ですが利便性と時代の流れには逆らえないと考えました。

デビットカードは使いやすい

キャッシュレスの方法はいろいろありますが、差し当たり、はじめはクレジットカードを使い、現在は数日前からデビットカードを使っています。

早速、デビットカードを数日使った感想です。「断然、使いやすい。」と感じます。

第一、クレジットカードは実際に口座から引き落とされるタイミングがバラバラになります。ですがデビットカードは即時に引き落とされます。また、すぐにメールで利用状況が来ます。だから時間差のあるクレジットカードよりも、管理しやすい印象です。

デビットカードは現金の扱いと実質同じに使える

そして、即時に口座から引き落とされるので、現金を扱う場合と実質的なお金の扱いは変わりません。変わらないのですが、ATMに現金を引き出す手間がいりません。また、レジでお札を出して小銭をごそごそ・・というあの手間が要りません。

これまでは自分でいったん、現金を引き出す手間と現金を出す手間が必要でした。デビットカードを通すことで、

現金を引き出す→現金を財布から出す→お釣りを受け取る→現金を管理する・・

手間がいらなくなるわけですね。

デビットカードのデメリットはサインや署名の手間・クレジットカード共通

ただし、デメリットもあります。それはサインレスか、サインもしくは暗証番号が必要かは、初めて行く店の場合は買ってみないとわからない事です。(これはクレジットカードも同じ)そしてサインをしたり暗証番号を押すことが必要ならば、現金を出す手間とあまり時間差はないことになります。

このような場合、場合によっては時間差はないこともあります。けれども、小銭をごそごそする手間やお札を出し入れする手間は減ります。

もう少し慣れれば、直感で最善の支払い方法がわかるようになるのでしょうが。現在はこんな印象です。

デビットカードはトータルでは手間が減ると実感

とはいえ、デビットカードを使えば、トータルでは手間がいらないことに変わりはありません。

そして、実際にキャッシュレスを意識した支払い方法を実践して気付いたことがあります。それは、意外に世の中はキャッシュレスが進んでいないことです。

クレジットカードにしろ、デビットカードにしろ、電子マネーにしろ、全般に使っている人は少数派だなあという印象です。(さすがにスイカ、パスモは多くの方が使っていますが。)