簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

JINS(ジンズ)で実店舗&通販からめがねを買ってみました・店舗編レポ

今回はJINS(ジンズ)でめがねを実店舗と通販で買った体験談と感想を紹介します。なぜ、立て続けに2つもメガネを買ったのか。それは第一に自宅用と外出用を少しの時間差で買ったからです。

f:id:chakuma2017:20181118215051j:plain

はじめは外出用に1つ店舗で買いました。気に入ったら、追加で購入するつもりでした。すると店舗で買った時に通販限定の割引クーポンを頂いたのです。というわけで2つ目のめがねは、通販で注文をしました。

はじめにざっくりと、JINSでめがねを買う前の私のメガネ環境をお話します。さいごにメガネを買ったのは約2年前です。

当時は普通のめがね屋さんで普通のステップを踏んで買いました。当時買っためがねはレンズ込みで3万円台の中くらいです。ですが正直、満足したとは言い難かったんです。

f:id:chakuma2017:20181118215120j:plain

理由はフレームのサイズ感がしっくりこなかったですね。それでも、せっかく買ったので2年間我慢して使いました。出かける時にだけかけて、自宅に帰宅すると速攻で古いめがねにかけ変えていました。

ですがこれまで安い&若者が買うメガネ屋さん・・のイメージのあるJINSで、まずはお店をのぞいてみることにしたのです。

するとまあ、びっくり。信じられないお値段です。もちろん、ある程度の幅はあります。ですが割と値段が上のメガネでも、UVカット、非球面薄型レンズ・・などが標準装備です。

だいたい、これまでの普通のメガネ屋さんって、「安い」と言っていても結局はレンズ台やUVカット付きレンズなどがオプション、オプションの積み重ねで結果値段が何倍にもなってしまうというものでした。

だから店頭でフレームを見て「いいな。」と思っても、最終的にいくらになるかは店員さんに個別に尋ねる必要があったんです。

ここで店員さんに尋ねるということは、高い確率で「買う」ことを意味します。確かに値段を聞いて買わずに帰っても差し支えないわけですが、それを何度も繰り返すわけにはいかないのです。

とにかく値段の不明瞭さが「買い」に至るハードルを限りなく高くしていたわけです。私の視力は近眼としては一般的な程度です。だからそれほどレンズのグレードは高くはないのですが、それでもだいたいフレームよりレンズ代が高くつくというありさまでした。

つまりJINSの最大の魅力は値段でもあるのですが、値段の見える化がしっかりなされているという点です。買う側がいくらの予算で買えるのか不安を抱かなくていいというわけです。

 

例えば従来のめがね屋さんはこんな感じでした。

「いらっしゃいませ。」

「このフレームでメガネを作りたいのですが。」

「ありがとうございます。」

「レンズの度数はいかがなさいますか。」

「今のメガネと同じにして下さい。」

「かしこまりました。それではレンズの種類がいくつかありますので、お選びいただきます。」

「このレンズと同じくらいの厚みですと薄型非球面レンズですのでレンズ代が追加料金で+〇〇円になります。」

「それから、UVカットはおつけになりますか。」

「はい。」

「それではUVカットオプションが追加で+〇〇円です。」

・・

という具合です。

ところがJINSの場合はなんと

  • 薄型非球面レンズ
  • 紫外線99%以上カット
  • 撥水コート
  • 反射防止コート

 が追加料金なしで標準装備なんです。もう信じられません。

というか、だから安心してメガネを買えるんです。安いと思ったら結局はオプションの追加の嵐で値段が跳ね上がる従来のスタイルとは違います。

では、どこに安くなる要素があるかということです。あくまで私が気付いた推測ですが、推定される価格が安い理由は全く問題のないものです。(これに関しては後日また別記事にします。)

 

店舗での流れはこんな感じです。

  1. フレームを選ぶ
  2. 受付をする
  3. レンズの種類を選ぶ
  4. 度数の確認(視力を測る)私は手持ちのメガネと同じにしました
  5. 支払い
  6. レンズの在庫があれば受け取りは1時間後くらい(私はレンズ加工をお願いしたので10日後の受け取りでした)
  7. 受け取り時にフィッティング

以後、何ら問題なく使っています。これで一万円以下だなんて信じられません。これまでメガネは何年かに一回気合を入れて買いにいくものでした。

従来型のめがね屋さんは、たいていお正月の三が日が一番安いのです。それはそうと、貴重な休日がメガネを買うので半日つぶれます。なぜなら店が混雑するからです。

しかも当日中に受け取ることは、ほぼ不可能。値段が高いから気分や服に合わせて気軽に変えられない。・・そんなものでした。

ですがJINSのメガネは革命ですね。というか他のメガネ屋さんが青くなっているのではという気もします。

 

ではデメリットは?と言えば、しいて言えば以下の点でしょう。

  • 接客が短いのでじっくり相談したい人には不向き
  • 高品質なフレームを選びたい人には不向き
  • きめ細かいフレームなどのフィッティングを望む人には不向き

私はたまたま当日ではなく後日メガネを受け取りに行きました。それで感じたのは店員さんにはちょっと当たり外れがあるということです。

それはおそらく、店員さんの多くがアルバイトだということではないかと。ときどき「アルバイト募集」を見かけますから。

正真正銘のアルバイトの店員さんの場合は、職務経験も少ないから当然、知識も教育された範囲しかないわけです。

ところがアルバイトであったも、おそらく以前、メガネ屋さんで働いた経験のある方か、もしくは社員さん?なんだろうかという方にあたったことがあります。その方の場合は当初の「いかにもアルバイトさん」とは全く違い、余裕のある接客だと感じました。

確率的には単なるアルバイトさんにあたる確率が高いのでしょうが、あとで調整をお願いしたい場合は、雰囲気で「経験ありそう」な方がいたらお願いしてみる・・のも1つの裏技かもしれません。 

f:id:chakuma2017:20181118215227j:plain

私が店舗でメガネを買った時2割引きのクーポンを頂きました。ただしそのクーポンは使用期限が短めです。受け取ったのは11月初旬でしたが、期限は11月中とありました。

結果として駆け込みみたいに11月下旬に通販購入したわけですが、そのお話はまたの機会に続きます。

通販で買う場合は公式サイトではなく楽天市場店がおすすめです。ポイントがつきますからね。

JINS楽天市場店