簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

座りっぱなしを予防するために始めたこと

こんな記事もあります。

寒くなったので、外出を控えなくてはいけなくなりました。また、私はパソコンに向かう時間が多いので、どうしても座りっぱなしになります。そこで簡単なルールを作りました。それで手軽に体を動かせるようにしようというわけです。

f:id:chakuma2017:20181212152417j:plain

ルールは簡単です。デスクから立ち上がった時は、必ず決めた簡単な運動をするのです。私の場合ですが、例えばこんな軽い運動をプラスしています。

  • その場で足踏み100回(歩くときのように腕を振る)
  • 腕回し10回
  • スクワット10回
  • かかとあげ10回
  • その他10回

足踏みは100回程度なら負担にはなりません。

腕回し、スクワットなども回数が多いと負担ですが、10回ずつならあっという間です。

それぞれは手軽です。それでも、回数をこなすことで一日ではそこそこの運動になります。

デスクから立ち上がる機会はいろいろあります。例えば・・

 

  • トイレに行く
  • おやつを取ってくる
  • コーヒーや水を取りに行く
  • 窓の開け閉めをしに行く
  • 宅配の荷物を受け取る
  • 食事の支度をしに行く

・・

もともと、朝晩のストレッチや簡単な筋トレ、ウォーキングを習慣にしています。また、意識して電車で出かけるなど、できるだけ日々の動作が単調にならない工夫をしています。ですが真冬と真夏は外出が限られます。

 

正しいウォーキングの始め方 (だいわ文庫)

正しいウォーキングの始め方 (だいわ文庫)

 

 

その分、室内でできるだけのことをして、体力や筋力を落とさないように注意しています。けれども室内は屋外に比べてどうしても単調になるのがデメリットです。メリットは手軽であることと時間がかからない、基本的に費用がかからないことです。

昨シーズンは「スタンディングデスクもどき」を試したことがあります。ですが私にはちょっと合わないと感じました。

立ったままパソコンを使うよりも、こまめに立ち上がって、そのついでに簡単な運動をしたほうが簡単だと判断しました。それが今回紹介した方法です。

この方法なら、特別な「物」は何も要りません。また、外にウォーキングに行くときの様にまとまった時間も必要ありません。ウォーキング自体は、寒くない日に出かける時もあるでしょうが、とりあえず寒いために不足するウォーキングを、このような形で補う事にしました。