簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。2019年から音声認識入力でブログを書いています。

お店でもらうクーポンは結局使わないから即手放す

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

買い物に行くと、時々割引クーポンを頂くことがあります。けれども、結局使わないことが98%くらいあります。だから頂いた瞬間に「即判断」をすることにしました。

f:id:chakuma2017:20181216150013p:plain

絶対行きそうな場合以外クーポンは処分する

たいていは利用期限があります。その間に「絶対行きそう。」なら保管しますが、「よくわからない。」「行くかも。」程度なら処分することにしました。

結局、財布にクーポンが入ると邪魔になります。以前は内容を見ると結構お得そうな気がして、とりあえず財布に入れておきました。

けれどもクーポンを実際に使う事ってほとんどないんです。もちろん、意識して使えば別ですが、クーポンがあることで「行かなくてはいけない。」と意識することが問題なのです。

クーポンがあることの強制力

何より、そう使い方は落ち着きません。万が一

「あのクーポンがあれば値引きになったのに」

f:id:chakuma2017:20181216150118p:plain

ということもあるかもしれません。けれどもそのときはそのときです。そもそも、期間が限られるクーポンは下手をすると「〇日まで使わなくてはいけない」という独特の強制力を発揮します。

例えば最近では、paypayの20%還元イベントがありました。あれも買い物した人の中には

「今、このタイミングで買い物をしたくなかった」

という人も含まれているはずです。ところが20%還元という威力によって、人の行動が極端なことをいえば操ることも可能になったわけです。

ユニクロの期間限定価格、無印良品週間の10%offセールも似たような面があります。確かに買い物と手持ちのお金の関係は密接に絡んでいます。

f:id:chakuma2017:20181216150311p:plain

安く買おうとすることで生じる行動の縛り

安く買う事は重要です。一方で行動が必然的に限定されてしまうとしたら、自由であるはずの身を自ら縛り上げているようなものです。

もっとも、実際はイベントやセールを楽しんでいる方が多いのでしょうが。一方で割引というのは時に「嬉しくない」という状況を生みます。

「クーポン」もそのひとつです。もし、クーポンという存在がなければ「美味しかったね。」「買い物をした。」という純粋な満足感だけで終わります。

価格ではなく必要な時だけ買う

ですが支払いを終えたあとにクーポンの出し忘れに気付いたときのあの、妙な敗北感。そんな経験をした人は多いはずです。

こうした事例の対策はひとつです。それは「自分が必要だと思った時にだけ買う」ことを習慣づけることです。