簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

クレジットカードやデビットカードがレジで時短になる、ならないの違い・目指すキャッシュレス

こんな記事もあります。

f:id:chakuma2017:20181218163752j:plain

こんにちは。ちゃくまです。

さて、キャッシュレス化を目指す私です。クレジットカードやデビットカードはレジで時短になると言われています。

ですが、ここ数日しばらく使ってみた結果、必ずしも時短にならないときと、イメージ通りに時短になるときの違いがあると気付きました。

今回は、クレジットカードなどがレジで時短になるときと、ならないときの違い、その理由などを体験から推測してみました。

レジでクレジットカードなどがサイン不要か必要かの違いとは

クレジットカードなどは本来、使うときにサインか暗証番号を押す必要があります。ですが状況によりサイン、暗証番号が不要のケースがあります。

当然、サインや暗証番号が不要であればレジで時短になります。そして、それらが必要になるか要らないか、の違いは

  • 購入額
  • 店舗の提携具合

のようです。一番身近な例は、コンビニです。コンビニは低額であれば、サイン、暗証番号がいらないようです。この「低額」のラインですが、店舗によって違いがあります。低めの店舗は4,000円以上、高めのところは一万円以上などと決まっているようです。

次は、私が経験した中では、大手スーパーのイオン食品レジでイオンのクレジットカードを使った場合、一定の金額までならサイン不要のようです。

また、イオン食品レジで楽天カードを使ってみました。800円ほどの場合はサインは不要でした。

ですが別の日に2千円台の買い物をしたときはサインを求められました。これはちょっと意味がわからないのですが、サイン不要のラインが千円だとは思えません。

f:id:chakuma2017:20181218165520j:plain

思うに、推測ですがレジスタッフの方が「サインの要不要がわからない場合、とりあえずもらっておけば間違いない」という判断でサインをさせられている可能性もなくはない、と思っています。

ざっくり調べてみると、一説にはイオンの場合、サインレスのラインは3万円という情報があったり、店によるという情報があったり、同じ店舗でもレジによるという情報があったりで一定しません。

そのうち何かわかるかもしれませんが、とりあえず現状では、イオンでイオンのクレジットカード(私の場合はイオンカードセレクトを使っています。)を提示してサインを求められてはいません。ただし、いずれも1万円以下の支払いです。

ネットスーパーの支払いにクレジットカード利用で無駄を減らせた

大手スーパーでも、イトーヨーカドーの支払いに楽天カードを使った場合は、サイン不要でした。(利用額は1万5千円程度)これは通販と同じような意味でサイン不要になっているのではないかと推測します。

これまでネットスーパーの支払いは代金引換を利用してきました。もちろんお釣りは出るのですが、以前は玄関先でさっと済ませたいので、最後にキリの言い金額になるように、調整していました。

例えばポイントで端数を調整したり、低額の品を1つ買い足して出しやすい金種になるようにしていました。

ですがこれは時間と思考の無駄遣いなのです。クレジットカード払いにしたところ、買おうと思った金額にどんな端数が付こうと無関係になりました。

クレジットカードを使う事でかえって無駄が減ったケースです。

サインや暗証番号を押す時間は現金払いと大差ないことも

f:id:chakuma2017:20181218165558j:plain

ネットで見かけるクレジットカードなどの利便性を説いた情報は、「レジで時短になる」というものです。

ですが実際に使ってみると、必ずしも時短にはならなりません。サインレスの場合は時短になりますが、それ以外は現金払いの方が早く支払いが済んだりします。

例えば、サイン不要などの提携をしていない店はサインか暗証番号を押します。店員さんがまちがえないように確認しながら操作しているのが空気でわかります。少数派のクレジットカード払いは店員さんが注意して操作する分、時間がかかるケースがある様です。

クレジットカード等を使うとレジをさっと通れるイメージがありました。それはサインレスで利用できる場合なんですよね。

小銭が増えない、ATMに行く手間を減らせるメリットはある

クレジットカードは決済で必ずしも時短にならないことがあります。ですがこちらが現金を管理する手間と時間は減らせます。

1つはATMでお金を下ろす金額が少なくて済みます。ということは、ATMに行く頻度を減らせます。

また小銭が増えません。財布が膨らまないので財布の選択肢が広がります。

クレジットカード等を使う場合はレシートをさりげなく確認する習慣を

f:id:chakuma2017:20181218165813p:plain

現金で支払う場合は、間違えて多く支払ってしまうことは滅多にありません。ですがクレジットカード等の場合は、店員さんが間違えれば多く支払っても気付かない可能性があります。

今のところは間違いがありませんが、「間違い」は起こり得るものだという意識を持った方がいいでしょう。

店によっては、支払額を提示して確認させてくれることもあります。ですがそれは少数です。多くはレシートを返されて終わりです。

現金払いと違い、間違えて多く清算していないか、さりげなくレシートをその場で確認する習慣をつけたいものです。

さいごに

時短でスマートなイメージのあるクレジットカード等ですが、実際に使ってみると、ネットで言われているほどスマートではない事が結構あると感じます。

一方で、小銭が増えない、ATMに行く頻度を減らせるなどのメリットがあります。

メリット、デメリット共に、実際に使ってみると自分の感覚では予想とのずれがあったりします。

やはり情報はうのみにせず、関係のあることは自分で実際に試してみることが必要だと感じます。