簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

年末年始(冬)・帰省時の服の数を減らすコツ

こんな記事もあります。

年末年始(冬)に帰省で着る服は何枚あれば良いのでしょうか。今回は、なるべく数とカサを少なくして楽に帰省する方法を紹介します。

f:id:chakuma2017:20181221220016j:plain

まず、大事なのは優先順位です。たとえば「新年のあいさつに親戚の家にきちんとした服装で行く。」というようなケースです。

この場合の優先順位とは、「きちんとした服装をしなければならない。」事が挙げられます。

次は「きちんと」というほどではないけれど、「地元の友人とランチに行く。」ような場合はちょっと女子受けする(女性の場合)服を着たいですよね。

極端な言い方をすれば、きちんとした服が必要でない場合は、何を着たっていいわけです。

その場合に考えなくてはならないのは衛生面と防寒です。

話をまとめるとこんな感じです。

 

f:id:chakuma2017:20181221220440j:plain

 

服の優先順位を決める。

 

きちんとした服

  ↓

適度なオシャレ服

  ↓

ラフな服

  ↓

部屋着、パジャマ

 

次に、上で挙げた服の中で兼用可能な服がないかを考えます。

例えば、

  • 「きちんと服」と「適度なオシャレ服」の兼用
  • ラフな服、部屋着、パジャマ

の兼用です。

 

このようにして、減らせる服はないか考えます

服を減らすコツですが例えばストールやマフラー、アクセサリーで雰囲気を変える手もあります。

たとえば、ベースにワンピースを着たとします。

「きちんと服」では、コットンパールなどの固すぎないけれどきちんと感のあるアクセサリーを使います。

次に、「適度なオシャレ服」ではストールを合わせてみます。ユニクロのカシミヤ大判ストールなどは薄いけれど暖かく、かさばりません。

普通のワンピース(ニットワンピースとか)に羽織ってもいいし、ニュアンスを意識して首回りに巻いてもいい。すると同じ服でも雰囲気が変わるので2枚の服でなくても間に合います。

寒がりでない方であればワンピースにタイツを履けばその分荷物を減らせます。パンツ(ズボンの)はかさばるので一般的なパンツよりカサを減らせます。

他には古風な方法ですがエプロンの活用です。服は調理、支度、片付け、食事で汚しやすいですよね。そこでエプロンの出番です。

エプロンを持参すれば義実家の受けが良いというおまけつきです。エプロンはかさばらないので、持って行く服を減らすにはけっこう重宝します。