簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

備蓄食品候補を試食。フリーズドライの味を試してみた。

 

f:id:chakuma2017:20180212182418j:plain

東京駅丸の内駅舎のすぐ隣にKITTEという施設があります。その1階にアマノフーズというフリーズドライの品を扱っているお店が出店しています。

もちろん通販でも買えます。たまたま通りかかり、気になったのでいくつか買ってみました。今回買ったのはカレー、みそ汁、甘酒の3種類ですがカレーを試したレポを紹介します。

このショップには多数のフリーズドライ食品が並んでいます。いずれも個別包装されており一個は手のひらにのるサイズです。

種類としては王道の味噌汁の他、カレー、玉子丼、にゅうめん、甘酒など多数あります。

店頭の一角にはギフトの見本として甘い物が苦手な方へのバレンタインギフトも提案されていましたよ。確かにこういう品もいいですね。 

袋を開けると直径3~4センチくらいのキューブが出てきます。厚みは1.5㎝くらいです。 

 

f:id:chakuma2017:20180212182703j:plain

 これに熱湯をそそぐだけ。簡単ですね。普通、レンジでチンしたり熱湯で温めるなどの手間が必要ですが、これはお湯を注ぐだけ。すごく簡単です。

見た目は普通のカレー。野菜カレーなので肉がありません。その辺は例えばサラダチキンを足すなどの工夫もアリかも。

f:id:chakuma2017:20180212182810j:plain

肝心のお味です。おしゃれカフェの野菜カレーという感じ。そのままお店で出て来てもおかしくないクォリティです。特に豆の食感が女性好みな感じがします。

疲れて帰宅した時、お湯を注ぐだけで食べられるこのカレーは常備しておくと重宝しそうです。

留守番の家族の食事。小腹がすいたときの食事。災害時。残業中。お昼ごはん。・・

「何にもない」「疲れた」「風邪をひいて作る気力がない。」

そんなとき他にもいろいろな種類があるので(卵丼とか)工夫でいろいろ使えそう。あ、軽いのでハイキング、登山、レジャーに持って行っても良いでしょう。

フリーズドライ食品の活用場所

  • 天災
  • お昼ご飯の足しに
  • 留守番の家族に
  • 疲れて何もできないときに
  • 風邪などで台所に立てないとき
  • ギフト(甘い物が苦手な方にバレンタインプレゼントとしても)
  • レジャーに(ハイキングなど)

 

実際、私が買った時も店頭で丸の内でお仕事しているっぽい女性が、慣れた手つきでアマノフーズの品を複数まとめ買いしていました。

備蓄と言えば天災のイメージがあります。確かに天災の備えは必要です。そしてそれ以上に大事なことがあります。それは「日常の備蓄」です。

むしろ確率的には日常の備えが大事です。主婦がインフルエンザにかかった。急な用事で子供にご飯を作れない。主婦に帰宅が遅くなる。残業でわざわざ外に食べに行くと時間がかかる。お昼は混んでいるから弁当プラスアルファの温かい物が欲しい。

こんな時、フリーズドライ食品なら

  • かさばらない
  • 軽い
  • お湯があればできる(電子レンジ不要)
  • 鍋がいらない

とメリットが多くあることに気付きます。代用品とはいえ美味しくない物は食べる気になれません。普段から発見した品を試食しておきたいですね。

今回、お試ししたアマノフーズフリーズドライ食品はおすすめできます。