簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

「服を買いたい」気持ちを押さえつける必要は1つもない

f:id:chakuma2017:20180302102736j:plain


 

季節が春になり、本当は明るい色の服を買い足したいのに、「買ってはいけない。」と自分を抑え込んでいませんか。結論を言います。買いたいなら買えばいいんです。

服を買いたいなら買おう

でも、ジレンマが起きるのは当然です。それは、あなたが真面目だからです。

 

「この間も服を買ったばかり。」

「お金を無駄にする。」

「資源を無駄にする。」

「でも時代遅れの格好はできない。」

「ママ友の目線が気になるし。」

 

一番良くないのは迷い続けることです。買ってしまえば新しい洋服を着た結果が出ます。少なくとも行動に移しているからです。

迷った挙句ずっと考え続ける。実はそれこそ無駄です。あなたのじゃまをします。

なぜ、迷い続けるのでしょうか。たとえば世の中は「持たないブーム」です。例えばミニマリストブーム(今はほぼ終焉しています)も自分がそのカテゴリにいると「持たない」価値観が当然・・の様な感覚になりやすいんです。けれども世の中全体としては決して多くない割合です。

結果として物を多く持たない価値観は客観的に奇異にとられることがほとんどです。つまり、誰も褒めないのです。

世界規模では資源の問題など考えなくてはいけないのですが、今あなたが抱えているジレンマは普段の生活ですよね。つまり日常で人と人の間で平穏に暮らすことでしょう。ならば「持たない暮らし」を頑なに気にし続けることはあまり得策ではありません。この場合は臨機応変という言葉がぴったりです。

服を買う気持ちに躊躇する理由を整理しよう

一方で「褒められるために持たないのではない」と答えるかもしれません。ならば「買いたい」と思うなら気にせず買えばいいのです。買った結果、物が増えることが気になるのはなぜでしょう。

 

  1. 収納スペースに無理があるから
  2. お金を無駄に使っている気がするから
  3. 「また買って」と思われるのが気になるから
  4. 服の手入れや選択に手間と時間がかかるから
  5. 多くも少なくもない服の数では誰にも褒められないから

迷う理由に対策を実行していく

同じ考えと迷いを繰り返すからいけないのです。迷いはスッパリ断ち切ってしまいます。

この中で1~4が理由であれば、応じた対策を取ればいいだけです。

 

収納スペースに無理があるから

収納の方法を工夫する

 

 

お金を無駄に使っている気がするから

お金の使い方を工夫する

洋服の予算立てを考える

 

※ 服を買うお金と収納の無駄。これはどちらも古い物を捨てなければ改善しません。リメイクなどは裁縫の腕と時間がある方でない限り現代日本では非現実的です。

「捨てるのはイヤ」では前進できません。資源の問題、お金の問題はまた別の問題なのでここでは話題にしません。結論は捨てて入れ替える。です。全てを可能にするのは無理なんです。「捨てずにスッキリ」は無理です。「捨てては買いではもったいない」と言いますが時間差が少ないだけなのです。

今、工夫して捨てなくても、結局は数か月後、数年後に捨てることになります。結局は早いか遅いか、それだけの違いです。遅く捨てれば罪悪感が沸かない、ただそれだけの違いです。

 

「また買って」と思われるのが気になるから

家族の服もバランスよく買う

清潔な衣類がそろっているか確認する

 

 

服の手入れや選択に手間と時間がかかるから

手入れの簡単な服しか買わないようにする

選択の手間をなくすために季節ごと、場面別のコーディネイトを決めておく

 

実は一番ひっかかるのはこれでしょう。洋服で褒められる方法は以下しかないからです。

多くも少なくもない服の数では誰にも褒められないから

「センスの良さ」はハードルが高いのですが「服は少ないけど毎日間に合います。」なら比較的、実現可能です。

洋服で褒められる方法

  1. センスが良い
  2. コストパフォーマンスが良い

 服をたくさん持ち、センスを披露するのはテクが必要です。けれどもコストパフォーマンスの良さと少ない数の条件なら、誰にとっても身近です。 

実際はそれこそが難しいのですが、少ない数の服に徹する理由がどこにあるのか、それを自問したほうが良いのです。

そうしなければ結局は「服の数が多いほど良い」ことが流行れば服の数をふやそうとして、「服の数は少ないほど良い」ことが流行れば減らそうとする繰り返しだからです。結局はどちらも流行や人の価値観に翻弄されてしまうだけなんです。

クローゼット内部は自分の問題

実際のところ、クローゼットを他人に見せなくても生きていけます。整理されているかいないかは自分の問題です。

女性が書くブログは圧倒的に洋服記事が人気です。「減らす」をテーマにしたブログも同じです。だって楽しいですものね。やっと寒い冬が終わりそうな今の時期、こんなときは誰だって明るい色の服を着たくなります。

「また増えてしまう」と恐れを抱きながら服を買うのはもったいないことです。せっかく買うのなら喜んで買った方が良いのです。

新しい服が欲しい理由。それは変化を欲していること

人は意識しなければ「前日と同じ事を繰り返し考えているだけ」と言われています。そうした中で洋服は手っ取り早く違う風穴を空ける効力があります。

つまり新しい洋服が欲しい気持ちに隠れているのは変化です。一方で実際に自分を変化させるのは多大な労力が必要です。だからこそ洋服にその代用を求めてしまうのです。

結論を言えば基本的に「オシャレは楽しいだ方が良い」という考えです。と言っても自分のおしゃれはかなりテキトーなのですが。

服はきっかけに過ぎない

おしゃれは女性の円滑湯です。「形から入る」例えば心が伴わない時、明るい色の服を着ていると段々そんな風になるという効力もあります。

新しい春の服を買い、それをきっかけに新たな行動に踏み出す。それこそが新しい服がもたらし最高の恩恵です。服はきっかけであり結果は自身の心と行動です。