簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

服をセールで買うと損する理由。

f:id:chakuma2017:20180315071823j:plain

服をセールで買うと結局、損する確率が高いのです。なぜなら「その服が必要」だからではなく「安いから」というイベント感覚を重視してしまうからです。

 

セールで服を買うと得しない理由

服を買うなら、確率的にセールで買って得することは滅多にありません。第一、品物である服が残り少ないのでサイズや色柄がたいてい半端です。たいていは一般的なサイズと無難な色から売れてなくなります。

ということはセールで売られているのは多くの人が魅力と感じなかった服であり、サイズが合わなく、色も合わせにくい確率が高いという事です。

私の場合も、日本人の一般的な身長と体格です。だからたいてい「これ、いいな。」と思うと見事に品切れということがよくあります。

また、「脱」冬の服が並ぶ今は、オールシーズン対応できる服があります。だから今の時期に買う服は重要なんです。

例えばトレンチコート、フルレングスのパンツ、ベーシックなスーツ、ジーンズ、長そでシャツ、バッグ、靴などいずれもオールシーズン(真冬と真夏をのぞく)対応可能な服を買えます。

ところが夏物が出回ってしまうと「長袖を欲しいのに売っていない。」ということが多いんです。バッグや靴も夏仕様が出回るので普通のバッグ、靴が少なめになります。そして平均的な身長やサイズ、無難なベーシックカラーからなくなります。

夏物が出ると薄手すぎる服や半袖、ノースリーブなどが中心になります。夏に着るシャツ程度ならセールでもいいんです。なぜなら、汗や汚れで消耗するからです。ただしセール時にサイズや欲しい色があればの話です。

夏物は安い物を短いサイクルで買い替えてもいいんです。セール狙いでもいい。けれども今の時期(春のはじめ)に出回る服は一年中着られる服を手に入れる機会なんです。ということは、余計な服を増やさず、効率よく長く着られる服を見極める季節だということです。

服は気分ではなく計画して買う

本来、季節を先取りしすぎる買い物は「結局、着なかった。」という失敗をすることもあります。けれどもそれは「行き当たりばったり。」で無計画に服を買ってしまった場合です。

予め今年はどんな服装をする必要があるのか。計画を立てておけば商品が豊富なタイミングで余裕を持って選べます。結局、必要な服を確実に用意したほうが着る時迷わずに済みます。

また、同じ人でも年々、体調やライフスタイルが変わることがあります。こうした場合、必要な服も変わるので早めに予想をして準備をします。例えば子供が幼稚園に入った、小学校に入った・・。本人が仕事を始めた・・。などで必要な服は変わるものです。

外を出歩く時間帯や場所で羽織る服、靴、バッグが変わります。それはやむを得ない事です。セールを待ってからでも良い服は夏物のTシャツくらいです。けれどもTシャツを安いからと言って何枚も待ったら結局は定価で気に入ったものを2~3枚買うのと大差ありません。

服があっても着る服がない原因

「服はあるのに着る服がない。」状況とは気分で服を買うからなんです。近所のスーパーに着ていく服が10組あっても、いざ、もう少しきちんとした服が必要だと気付くと「ない。」と慌てます。 

特に子供の母親という立場では「きちんと感」が必要な場面があります。例えばですが、そういう場面と、ママ友とランチ・・の場面で共有出来る服・・をうまくクロスさせることができて、しかも季節や気温による温度差対策を兼ねれば「いざ」というとき慌てずに済みます。

また、雨の対策もとっておくことで、「予定していた服が着られない」と慌てない対策になります。

さいごに

いずれもどの時期にどんな服を買うかを計画たてて準備します。そうすれば1枚の服を何年でも着られますし、複数の場面で着られます。場面ごとに服を用意しなくてもよくなります。

例えばですが、全てがご近所服になってしまうと「服があるのに服がない。」となってしまうんです。確かに、普段はほとんどご近所服で間に合うかもしれません。けれども、たった10%の外出の用途を無視してしまうと慌てる羽目になってしまうんです。

自分が描く理想の服を手に入れるには豊富な品から選ぶことです。それにはオールシーズン使える物が出回る春先が決め手なんです。