簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

主婦が一人で家事負担を負わないコツ

f:id:chakuma2017:20180323100832j:plain

「どうして私ばっかり」と家事の負担に不満を持ってはいないでしょうか。今回は主婦が1人で家事の負担に押しつぶされないための方法を紹介します。

 

「どうして私ばかり」は家族で暮らすから起きる不満

まず、「どうして私ばっかり」と家事負担の不満を抱くのは2人以上の家族で暮らしている場合です。一人暮らしなら自分しかいません。ですから「どうして私ばかり」も何も不満を抱きようがありませんよね。

ところが一緒に暮らす人が2人以上になった途端、「一緒に暮らせて嬉しい」どころか「どうして」と不満が出やすい状況になります。

実はここに家事負担の不満に対する原因のヒントがあるのです。

家事は見えているものが各自違う

f:id:chakuma2017:20180323100910j:plain

まず、家事そのものは数字の様に白黒はっきりしたものではありません。各自見えている物が違うのです。

例えば自分は「食事が終わったらすぐにシンクまで磨かないと気が済まない。」とします。ところが夫は、そもそも「シンクを磨く」という概念すらないことがあります。

するとここに温度差が出てしまうのです。「どうして私ばっかり」の根源はひとりひとり見える家事が違うという事に発端します。

明白な家事

次に「これを誰かがいつかはやらなくてはいけない。」と誰もがわかる家事があります。例えば洗濯物は洗って乾かさないといけません。ゴミは分別してゴミを出さなくてはいけません。こうした「やることが明白な家事」は誰もが認識します。

いつかはやらなくてはいけない家事

 

さらには緊急性は低いけれど「いつかはやらなくてはいけない家事」があります。例えば保険の見直し、預貯金の見直し、サッシのさんの掃除、玄関周りの拭き掃除。などです。こうした家事はいつかは家族の誰かがやらないと家庭としてうまく機能しにくくなります。

家事分担の種類は3つだけ

f:id:chakuma2017:20180323100953j:plain

このような場合、例えば夫婦であれば以下のいずれかの役割配分となります。

  1. 夫がすべてやる
  2. 妻がすべてやる
  3. 夫と妻が分担する

結論を言えば役割分担は3種類しかないのです。ならばこのうちどれを選ぶか、それだけなのです。

話し合いが面倒でも家事はシェアしなくてはいけない

実はこの中で1か2にしたほうが話し合う必要もなく夫婦で口論にもなりません。その代り役割を担ったほうは負担が増えます。ただ、負担は増えますがいちいちパートナーにお伺いを立てない気軽さという側面もあります。

お金に関してはどちらか一方が管理が得意である場合、効果的に管理が出来ます。

f:id:chakuma2017:20180323101033j:plain

ですが1と2には致命的な欠点があります。それは、どちらかが家事をできなくなったときです。通常、家事を担うどちらか一方が不在の場合もう一方は途方にくれます。短期的には風邪をひいたり、出張に行ったり、旅行に行って自宅を不在にしたときです。

まだ、短期間なら良いのですが、これが何らかの状況で長期に渡ると「ちょっと困った」では済まないことになります。

結局、お互いに生身の身体を持つ人間です。だから何があるかわからないのです。だからお互いに家事はシェアしたほうがいいのです。

ただし初めはシェアすることで大いに互いの戸惑いがおきます。それは夫婦と言っても育った環境も性別も違うのですから当たり前なんです。「家事について話すことが面倒だから」と避けていると何年もたってからしわ寄せが来ます。

f:id:chakuma2017:20180323101312j:plain

 

それより結婚後時間をおかないうちに、きちんと話し合ったほうがいいんです。例えばお互いが30歳で結婚したとします。だとすればそれまで30年別の生活をしています。だから極端な話、「結婚前の概念が完全にくつがえされるには30年かかる」と覚悟するくらいでちょうどいいんです。

実際はそんなに長くはかかりません。ですがそのくらい気長に構えた方がいいということです。大事なのはお互い、違う人格を持った人間だと認めることです。

そして話し合いで大事なのは被害者意識での話合いをしないことです。「どうして私ばっかり」という相手を責める空気で話さない事。これが大事です。

家事シェアを話し合うときのコツ

f:id:chakuma2017:20180323101625j:plain

夫婦で家事について話し合うときに注意しなくてはいけないコツがあります。それは自分が大変だという精神的な感情的な気持ちの吐き出しと、家事の分担そのものの話を混同しないことです。

例えば仕事で相手に感情的なことをぶちまけませんよね。その要領です。あくまで淡々と現状について話をするのです。

もしかすると「そんなことを言うとうちの夫は『なんで俺がやらなくちゃいけないんだ』と怒る」というかもしれません。

もし、そのようは発言が出るのなら、だんな様は奥さんに聞いてほしい別の話があったり、疲れていてそれどころではないタイミングなのかもしれません。

まずはしばらく、自分から感情的になることをやめる習慣を持ってみるのです。

家事は平均を目指せばいい。

f:id:chakuma2017:20180323101357j:plain

家族や夫婦で家事をシェアするとき、相手に平均点以上の仕上がりを要求しないことも大事です。誰しも家事を平均以上に仕上げることに重きを置いているわけではありません。

ならば平均の仕上がりをすればそれで十分です。決して「これなら自分でやった方がいい」とやり直したり相手に任せないという選択をしないことです。

「私ばっかり」に隠れる本音を読み解こう

家事が大変と嘆いていますが、もしすると本音は家事の負担ではないこともあります。それは家族で話し合いができていない。誰も感謝してれない。などの気持ちです。自分は一生懸命やっているのに、誰に認められるでもなく評価もされない。そんなことに対する不満、疎外感、孤独感であることもあります。

そんなときはこう考えてみましょう。「私」の濃度を薄めてみるのです。最近は何かと「個性」とか「自分探し」とか「なりたい自分」とか中年期前後の女性にも自己実現的なスタイルが求められる風潮があります。けれどもそれは、つきつめればメディアの戦略に過ぎません。多くの女性が自己実現を求めれば経済が活性するからです。

f:id:chakuma2017:20180323101440j:plain

もちろん、そうした動き自体を否定するものではなく、上昇志向の大きいスタイルは素晴らしいと思います。

けれども世の中には多様な食品があるように、人の性格も多様にあるのは当たり前なのです。必ずしも100%の人が同じように突っ走らなくてはいけないわけではありません。それぞれのやり方でいいのです。

まとめ

家事の負担は1人でやっても大変ですね。でも家族でシェアすれば楽な反面、思った仕上がりにならないことがあります。それでも一人暮らしではないのです。ですから平均点以上の家事を家族に求めない事です。それでも本来は十分なのです。