簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ユニクロで買った基本半袖Tシャツ(2018春夏)はこれです

f:id:chakuma2017:20180410144354j:plain

ユニクロで基本のTシャツを買いました。

名わき役のベースになる服を買う

ファッション指南本を拝読すると、よく書いてあるアドバイスがあります。それによると「何を着たらいいかわからない」という方のクローゼットを見て共通することがあるそうです。それはベースになる服が足りないということです。

例えば胸の開きがあいた服の下に着るベースの白無地タンクトップやカーデに合わせるシンプルなカットソーなどです。

f:id:chakuma2017:20180410144517j:plain

(今回買ったもの。上の画像右と同じもの。実際は濃紺です。)

確かに服はメインのデザイン性のある服に目が行きます。けれどもそれ以前に夏は透け防止のために下に合わせるカットソーやタンクトップなどが不可欠です。

そういったベースになる服が足りないために「合わせにくい」ということに多くの人が気付いていないと言います。

確かに目立つデザイン性のある服に出す5000円は納得いってもベースになる服2枚に出す5000円なら前者にお金を使ってしまいやすい。

けれどもこうした主役ばかりで名わき役がいない。要はそんなクローゼットの人が多いということでしょうね。

私も例外ではありませんでした。これまでやはりベースの白無地カットソーを買わないために「合わせる物がない」という事に気付けなかった時代がありました。

けれども最近は、例えば夏の始まりには白Tなど他の服のベースになりうるカットソーやTシャツを買うようにしています。

細いリブとツヤ感があるのでカジュアルになりすぎない

今回、これから始まる長くて暑い夏に向けてまずはTシャツを3枚買ってきました。昨シーズン試しに水色を買ったところリブがあるために下着のラインなども出にくく、化繊なのに暑いということもなく重宝しました。

このシリーズはとても気に入って秋から冬、現在春先にかけてはハイネックTを三枚部屋着&日常着にしました。(スーパー程度ならアウターを羽織ってそのまま出かけます)

今シーズン、白、ネイビーのTシャツをユニクロに見に行ったら、微妙に素材やデザイン違いの品がいくつかありました。やはりリブTにしました。

結局、選んだのはこの3枚です。ちょっと見にくいですがいずれも細いリブが入っています。少しツヤのある生地なのでカジュアル一遍にならずに着られます。

胸の開きが少ないから気兼ねがいらない

昨シーズンあたりからユニクロを中心に胸の開きが少ないカットソーが出ていますね。これは下を向いたとき丸見えになったりしないので着やすいです。

その他日焼け対策もしやすいですね。

今シーズンは同じリブTでボートネックも出ていました。個人的にボートネックはデザインは素敵ですが合わせる下着が難しいのでここ数年敬遠しています。

ただ、リブTも終焉の気配もありましすね。今シーズン辺りからはワッフル素材、厚手素材がメインになりつつあるようです。

さいごに

数ある種類から自分の基本Tを選ぶポイントとしては、「何に合わせるか」を考えておくことですね。単体で着るのか、何かを羽織るのか、インナーに使うのか。

予めウェブサイトでラインナップを下調べして候補を決め、実際に店頭で現物を見る場合によっては試着・・という流れが効率が良いです。