簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

「お金がない」と言いながら、ふるさと納税をせず、キャリアのスマホを使い続ける人が必要なこと

f:id:chakuma2017:20180511171600j:plain

「お金がない」と言いながら、簡単にお金を増やす方法を「やらない」人がいます。

収入自体決して少なくはないようです。ですが、支出が多すぎるので、うまく家計としてのお金が回らないのでしょう。

「簡単にお金を増やす」

こんな言葉を聞けば誰でも飛びつくはず。そう思っていました。ところが実際はそうではないのです。

ふるさと納税と格安スマホ化は確実にお金を増やす

例えば珍しい国の太っ腹政策である「ふるさと納税」があります。これは、わずかな手間だけで、支払う税金が安くなります。同時に寄付した自治体からお礼の品をもらえてしまえます。

f:id:chakuma2017:20180511171629j:plain

ふるさと納税はシステムが簡単になっている

ふるさと納税も、はじめは確定申告になじみのなかったサラリーマン、ウーマン向けに確定申告不要の制度も出してくれました。

それでもなお、ふるさと納税をしないのです。

格安スマホ化すれば通信費をラクに減らせる

また、もうひとつは現代で欠かせないスマホがあります。この費用が3大キャリアで契約した場合多大な負担です。ですがこれも数年前から「格安スマホ」が登場しました。「格安スマホ」とはスマホ本体の物体が安いことではありません。

毎月支払うスマホの通信費用が格安なのです。ところがこれも、決して変更が難しいわけでもないのに今だ3大キャリアのスマホを使い続ける人がいます。

余計な支出は「お金があるかあるかないか」とは無関係

いえ、いいんです。別にふるさと納税をしなくても、(支払う税金が減る&お礼の品は丸々もらえる)3大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)を使い続けて高額な通信費用を支払っても。

f:id:chakuma2017:20180511171728j:plain

結論を言えば「お金があるから節税しない」「お金があるから格安スマホ化しない」ということではないんです。ちょっとした手間で効果に差がないのなら余計な出費をする意味がないということです。

意味がないところに意味のない出費をする必要がないということです。

更に、こうも言えます。税金が安くならなくても暮らすのに不自由はなくても、スマホ代を支払う事ができても、浮いたお金で本を買ったり、旅行をしたり、身体に良い美味しい食材を買ったり、気に入った服を買ったり、別の好きな事に使った方が断然いいですね。

ましてや「いつもちょっとだけお金が足りない」のであれば、「ちょっと」はふるさと納税とスマホの乗り換えで簡単に達成できてしまうのです。

ちょっとした行動の違いで手元のお金は変わる

要はちょっとだけ「調べる」習慣と、ちょっとだけ「行動」する習慣だけなんです。何も難しいことはありません。わからないのであればネットに情報は山ほどあります。

ふるさとの納税は、ネットでもわからないことがあるなら、税務署に電話して聞けばいい。スマホはスマホのお店の人なり問い合わせ先なり、聞くための体制はできています。

お金に対する対応は、ちょっとした事の積みかさねです。難しい事は何もないのです。

今からでも、ふるさと納税とスマホのことは行動できます。今すぐ行動に移してみましょう。やってみれば拍子抜けするくらい簡単ですよ。

 

あわせて読みたい

www.kurase.com

www.kurase.com

www.kurase.com