簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

全身(顔をふくむ)に使うおすすめの化粧水と選ぶ理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190809065055j:plain

今回は、全身に惜しげなく使える愛用の化粧水を紹介します。

また、日常で使う品を選ぶポイントについてもお話します。

消耗品は、どこからでも買える品を使う

私は、できるだけ日常で使う消耗品は「どこからでも買いやすい」物を使うようにしています。

また、基本的に、この化粧水を使うときには、顔用、体用を分けることはしません。

 

この化粧水は、コンビニでは売っていませんがドラッグストアであれば、たいてい売っています。

100円ショップ、常に買えるとは限らない

以前は、ボディローションに使う化粧水は、100円ショップダイソーで売られているアロエ化粧水を愛用していました。

けれども、100円ショップダイソーは、必ずどこにでもあるわけではありません。また、商品自体、店頭にない事もよくあります。特に、秋から春先の期間は品切れし続けることが多かったのです。だから、考えました。これまでコスパの良さと、品質のバランスにひかれて買い続けたダイソーの化粧水ですが、実は「手に入れにくい」ので、手間がかかるのです。

ですので、コスパは良いけれど、100円ショップからその化粧水を買うのはやめました。代わりに見つけたのが今回紹介する化粧水です。

500mlとたっぷり入ってお値段は千円以下です。ですので、コスパとしては100円ショップ品の化粧水と大差ないでしょう。

デメリットとしては、容量が多いので直接買うには重い事です。ただ、これは他に買い物の予定がないタイミングをねらえばいいですね。もちろん、通販利用もOKです。

顔と体を差別しない

この化粧水、私は顔から全身に使っています。基本的に顔と体の化粧水を分けるのはめんどうです。冷静に考えれば、顔と体の皮膚を差別する必要はありません。

しいて言えば、顔は常に外気にさらされているし、化粧をするので酷使されています。乾燥しやすいということでしょうか。だから一般的には顔には高い化粧水、体には安いボディローション、と使い分けることが多いはず。

でも、顔と体に同じ化粧水を付ければ、手間は一度で済みます。そしてこの値段ならば、全身に惜しげなく使えます。顔に付けても何ら問題はありません。

というわけで、今回は全身に(顔をふくむ)使っているおすすめの化粧水を紹介しました。

まとめ

f:id:chakuma2017:20190809075109j:plain

ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml

 

普段、ひんぱんに使う品は、「手に入れやすさ」が重要。

 

100円ショップ品、実は「手に入れにくい」。

なぜなら、店舗はどこにでもあるわけではないから。

また、在庫が安定していない。

つまり、「必要な時に、いつでも買えるわけではない」のです。

 

一方で、全国のドラッグストアで買える品は手に入れやすい。

例えば、100円ショップの化粧水は手に入れにくいが、ドラッグストアで売られている化粧水は手に入れやすい。

 

化粧水は顔を体を分けずに使う

 

おすすめ記事

www.kurase.com