簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

老けない遺伝子研究が着々と進んでいます

こんな記事もあります。

若く見えることや若くあることは多くの人にとっての願望です。それを受けるように老化を防ぐ研究が着々と進んでいるそうです。(日経新聞より)

f:id:chakuma2017:20190103080422j:plain



米ワシントン大学の今井真一郎教授らが進めているのは、老化を抑える長寿遺伝子だそうです。

カギを握るのは老化を抑える長寿遺伝子をつくる酵素だそう。本来は誰にでもある酵素だそうです。

ところがこの酵素は、加齢で次第に機能をしなくなるのだそうです。

そこで、今井教授らは「NMF」に注目したそうです。「NMF」何それ?なにか投資系の商品名っぽいですね。

NMFとは?

エヌ‐エム‐エフ【NMF】[natural moisturizing factor]

《natural moisturizing factor》天然保湿因子。アミノ酸などの水溶性の物質で、皮膚の角質層の水分を保つ働きをしている。

天然保湿因子。角質に存在し、皮膚の保湿機能に関わる水溶性物質の総称。

出典:三省堂

 

このNMFは枝豆などにもわずかに含まれるのだそうです。で、日本の企業が大量生産に成功しているそう。

え?どこの企業?そこまでは新聞に書かれていません。ですが一部は市販されているそうです。

この分野の研究は日本政府が規制緩和をするかもしれない2019年を待って研究を申請するつもり・・とのことです。

さらにすごい研究もおこなわれています。国際電気通信基礎技術研究所というところです。ここで開発しているのは「ロボットアーム」です。

人には2本の腕がありますがロボットアームが加われば3本の腕になりますよね。ところが「動け」と念じると3本目のロボットアームを動かすことができるのだそうです。

脳から電気信号を受ける帽子のセンサーがとらえれば可能なようです。

人の身体は思わぬ病やけがで不自由になることがあります。ですがこうした研究が進めば、明るい未来が待っていそうです。