簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

時代は時短ではなく時産・炒め物も家電で作れるの!?・「回転系家電」が家事を変える

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今日は進化している回転系家電の話題を紹介します。

家電は進化していますが、もうこんなものまで出ているとは。驚きました。

今朝の日経新聞土曜版によれば、回転しながら作業を進める「回転系家電」が時間を生み出すのではなく、「作業を任せて他のことが出来る時間を作り出す」と言います。

新聞記事で使われているキーワードは時産です。時短ではないのです。

 

f:id:chakuma2017:20190105060504p:plain


新聞で紹介されているのは、」「男性にもおすすめ」という「持産」調理家電です。

 

 1つめはグリルでローストビーフを作れる家電です。こちらはグリル、燻製機能があるそうです。肉をセットすれば途中でひっくり返す手間がいらないそう。

こういう家電は男性が興味を持つ傾向があるそうです。同時に主婦が提案した場合家族が「買おう」と乗り気になってくれる確率も高いとか。

パナソニック ロティサリーグリル&スモーク ブラック NB-RDX100-K

パナソニック ロティサリーグリル&スモーク ブラック NB-RDX100-K

 

 

 2つめは野菜炒めやピラフも作れる家電です。 煮る、焼く、炒めるができるそうです。こういう調理は火加減が大変だし女性は力がないからフライパンを振れませんでした。でも、これを使えばプロ並みにできそうですね。

 

3つめはくるくる回してお湯を注ぐコーヒーメーカーです。 コーヒーを自分で入れる場合はゆっくりとお湯を注がなくてはいけません。それはそれで良いひと時なのですが、時間がかかります。ところがこれは、くるくる回転して湯を注ぐので忙しい人も朝から丁寧にいれたコーヒーを飲めるのだそうです。

今回紹介されていた家電のうち、これは気軽に試せる価格です。

APIX 『Drip Meister』 コーヒーメーカー  ブラック ADM-200-BK

APIX 『Drip Meister』 コーヒーメーカー ブラック ADM-200-BK

 

 

 時代は時短ではなく持産なのかも。時間の短縮ではなくて、代わりに機械がやってくれる。その間に自分は別の本来やりたいことをできます。

 

さて、今回の新聞記事を読んで気付いたことがあります。それは記事では時間のない人が時間を産むことに絞った話でしたが、それ以外のメリットもあることです。

それは調理そのものの負担や危険を機械が安全に代行してくれることです。例えば炒め物では女性は力がないので、フライパンを振る作業は苦手でした。

また火を扱う調理はやけどや火加減の失敗でこげる、火災などに注意を払う必要がありました。

私が個人的に注目した点は時産よりも、むしろ力に関する負担代行と、やけどなどの危険が減ることです。

用途に合う家電を使えば、そうした危険はかなり減りそう。調理に関する危険を回避できるという点も大きな進歩だと気付きました。