簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ミニマリスト志向の服装におすすめ・たった一つの秘訣とは

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

ミニマリスト志向的に、にあれこれ数を持ちすぎず、それでいて必要な服だけを持つ。そのために必要な秘訣が1つあります。

ポイントは浮かない服装

それはひとまず「浮かない服装」をすることです。浮かない服装というテーマで用意すれば迷いが出ません。けれども、こう言えば「自分がないのでは?」みたいに思うかもしれませんね。

その心配はありません。なぜなら、「自分らしさ」は、必ずしも洋服で表現しなくても良いからです。

もちろん、洋服は楽しみを与えてくれるものではあります。一方では、迷いのスパイラルに陥りがちです。 だからこそ、「ほどほど」が大事な秘訣なんです。

服の選択肢は無限です。だからそこにエネルギーを注ぐほど、終わりが見えません。そもそもが服に多大なエネルギーをかけ過ぎるのは非効率的なんです。なぜかと言えば、私たちの生きざまには、服選びよりも大事なことがたくさんあるからです。

もちろん、それは人によりけりなのは言うまでもありません。また、無頓着だったり、どうでもいい、という意味ではありません。

しょせんは市販の服から選ぶしかない

しょせん、服装は自分の好みを完全に反映させることは不可能です。オーダーでない限り、市場に出回っている服の中から選ぶしかありあせん。

同時に、ファッションを仕事にしている人などでない以上、良くも悪くも他人の印象に残らない服の方が実は都合が良い事は多いですね。

 ミニマリスト的志向に服を持つならば、できるだけ人の印象に残らない服を選んだ方がいいですね。

例えば多くの日本人女性は、白、黒、紺、ベージュなどの無難な色を好みます。それは「またあの服」というように記憶に残らない物を選んでいるんですね。

それは何枚も服を持たなくてはいいコスト的な面と、記号になることで「服を覚えられなければ都合がいい。」という、2つの面があるのでしょう。

ミニマリスト的に服を厳選するならば、この方法は役に立ちます。

迷ったら消去法で

また、「何を着ようかな。」と迷った時には、今、市場に出回っている服の中から消去法で「マシな服」を選んでいけばよいでしょう。そうすれば悪目立ちしない分、コスパも良いということになります。

意外とやってしまう失敗は「素敵になりたい」という欲です。これはたいてい失敗します。もちろん「素敵になる」思いを否定はしません。

けれども「素敵になりたい」が為の服選びは、堅実な服を買う余地をしばしばなくします。同時に現実を忘れやすい。結果、妄想の買い物がタンスの肥やしを産むんです。

一方で「インナーにするシンプルなタンクトップ」みたいな地味で目立たない堅実な服は必要です。「素敵」とは縁遠い服。こういった服が実は自分にとって必要なことはしばしばあります。

理想の服を追い過ぎない

「こんな服があるはず」と理想の服を探すのは、ほどほどでやめるが賢明です。私も以前は理想の服を求めて実店舗や通販を探しまくった時期もありました。けれどもそれはかなり非効率的です。

あるとき、

「そこに時間と労力を使うなら、別のところに回した方がいい。」

と気付きました。

もちろん、ある程度は探してみても良いのですが、時間制限を設けるべきです。そして後はきっぱりあきらめる。それ以上、探し回るのはやめたほうがいい。

そして今、手に入れることができるものから消去法でマシな服を選んでしまえばいいのです。

 服選びに時間を掛け過ぎる理由

結局のところ、服選びに時間を掛け過ぎているときというのは、自分に何らかの変化を求めているんですね。

確かに、新しい服を買えば手っ取り早く気分転換が出来ます。けれどもその気分は長続きしません。

なぜかと言えば、本当に求めている本質的なことは、新しい服を買って得られるものではないからです。

ときめきを追い過ぎない

こんまりさんが言うように、本当はときめく服で身の回りを固めるのが理想です。ですが市販品を買う以上、そうはならない場合もあるのはやむを得ません。

と言っても、ときめきまではいかなくても、新しい服はやはり気分が良いのは確かです。初めは妥協して着ていても、意外と思ったより良かったということもあります。

 

一方で、そもそもがしょせんは布である洋服に、全身全霊を傾け過ぎないことです。ほどほどで良いという事です。もちろん、洋服を生み出すことは大変ですし、関係者一連の全てには多大な感謝をしています。

 

とは言え、基本を忘れてはならないですね。大事なのは布である洋服ではなく、洋服を脇役に位置させる本人だということです。

 

まとめ

  • 服選びの労力はほどほどにしよう。
  • 服選びに迷ったら「浮かない服装」をすればいい。
  • 完璧な服選びに時間と労力をかけ過ぎない。
  • 理想の服より、自分がやるべきことを解決する。
  • 服はあくまで脇役であり主役になり得ないことを忘れない。