簡単に暮らせ

ミニマリスト志向ちゃくま(アラフィフ主婦)のブログ。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

格安SIM(スマホ)でメールを使う3つの方法、これを使っていました。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190918120603p:plain


キャリアのスマホから格安SIMに乗り換えたとき、「メールが使えない」ととまどっていませんか。でも、代替の方法はあります。

今回は、格安SIM(スマホ)を使っても、フリーメール以外でメールを安く使う方法を紹介します。

格安SIM(スマホ)に移行するとき、とまどうのはメールですよね。

それに対してキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)はもれなくメールが1つ付いてきます。

おまけに、設定も何もしないですぐに使えます。

一方で、格安SIMの場合は、基本、キャリアでもらえるようなメールがありません。

つまり、自分で調達しないといけません。

調達の方法は3つあります。

  1. フリーメールを使う(Gmailなど)
  2. 有料プロバイダのメールを使う
  3. メールが付いてくるMVNOで契約する(MVNOとは、各通信事業者のこと)

フリーメールを使う(Gmailなど)

「フリーメール不可」の時代は終わった

数年前は銀行などで、「フリーメール不可」ということがありました。でも現在は、そういうところは、私が使っている範囲ではないようです。

なぜ、フリーメールがダメと言われたかというと、セキュリティの観点からだったんですよね。

銀行関連の設定メールで受信するのは「お知らせ」系がほとんど

確かにはじめは、銀行関連のメールに、フリーメールを使うのは心もとない気がします。でも、実際にネット銀行やネットバンキングで受けるメールって、結局のところは、ほとんどが単なるお知らせ関連のメールなんですよね。

クレジットカードの利用の、お知らせのメールを受信したりもしていますが、(これは銀行じゃないけど)詳細を見るには、パスワードを入力しないといけないわけです。

こういうとき、メールのURLを出来るだけクリックしないで、直接お気に入り登録しておいたところから、ログインするなどを習慣にすれば、危険を回避できます。

重要な確認は、セキュリティアプリや、認証コード経由

また、振込とか、設定の変更は前回、紹介した認証アプリを経由したりします。他にはアプリを経由しない場合は、SMSで認証コードが送られてくるタイプの方法は結構、いろんなところでやっていますね。

(住信SBIネット銀行のスマート認証の場合)

 

www.kurase.com

 

 

これは認証コードが送られたら、すぐに確認することで、まあ大丈夫なんじゃないかと思ってます。


有料プロバイダのメールを使う

それでも不安な場合は有料プロバイダメールを使う(でも安い)

それでも格安SIMを使い始めの頃は、念のため有料でプロバイダのメールを契約して、キャリアメールの代わりにしていました。

でも、結論として受信したメールの多くは単なるお知らせなんです。だったら別にフリーメルでもいいし(と言っても、さすがに〇フーメール辺りはNGだとは思います。)ちょうど今は楽天モバイルを使い始めたので、無料で使える楽天メールに移行しました。

今回はたまたまメールが使えるMVNOで契約しましたが、フリーメールでは気になるという場合は、

  • 有料プロバイダのメールを使う
  • メールが付いてくるMVNOで契約する

のどっちかで検討するといいですね。

 

有料プロバイダと言っても安いですよ。

多分、最安値は、さくらインターネットです。

www.sakura.ad.jp

一番安いタイプだと月86円です。

月額換算 86円
年間一括 1,029円

 

次に安いのはロリポップです。

lolipop.jp

こちらは

月100円

一年1,200円

です。

 

単純に安さで選ぶなら、さくらインターネットがいいかも。

初心者向けならば、説明がわかりやすいロリポップがおすすめです。

 

また、有料プロバイダのメールは、現在ワードプレスなどを使っている場合、何らかのレンタルサーバを使っていますよね。その場合、今契約しているレンタルサーバで、追加料金なしで、メールを作れることもあります。よく確認しておきたいですね。

 

これらの料金は、携帯電話会社が実施している有料メールよりかなり安いです。例えばある携帯電話会社の場合、メールを有料で使うと月270円~のようなシステムです。目的に合わせて、よく比較してみましょう。

(もっとも、メールの質を重視するなら、単に費用だけの問題ではないかもしれません。)


メールが付いてくるMVNOで契約する

 メールを使うプロバイダを選んだりするのが面倒、という場合はメールを使えるMVNOで契約するのも選択肢としてアリですね。ただし料金が追加料金の有無を確認しましょう。(例えば、楽天モバイルは追加料金なしです。)

 

ただし、チャチャッと設定をできる人ならいいのですが、「全くわからない」という場合は初めは戸惑うかもしれません。キャリアはメールの設定なんてしなくても、すぐ使えたからです。

ただ、書いてある通りに設定すればいいだけです。

まとめ

格安SIM(スマホ)を使おうと検討した時、とまどうのはメールです。

キャリアみたいにメールが付いてこないからです。

この場合、選択肢は3つあります。

  • フリーメールを使う(Gmailなど)
  • 有料プロバイダのメールを使う
  • メールが付いてくるMVNOで契約する

フリーメールで済ませられれば一番簡単ですが、不安ならば

  • 有料プロバイダ
  • メール付きのMVNOで契約

を選択しましょう。

有料と言っても、最低料金が一年で1000円くらいからあります。

(さくらインターネット、ロリポップなど)

実際に私も、上記のプロバイダのメールを使ってきています。

キャリアのスマホから格安SIMに乗り換えた場合、「メールが使えない」という方でも、「方法はありますよ。」というお話でした。

 

おすすめする記事

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com