簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

慶弔両用ふくさ・お祝いや冠婚葬祭に準備しておくと便利なので紹介します。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

皆さんは「ふくさ」って使っていますか?

もし、持っていないのであれば用意しておくことをお勧めします。

(現在、私が持っているふくさです)

f:id:chakuma2017:20190103171606j:plain

いざ、その場になってから準備すると店舗では割高だったり、買い忘れたりするからです。

(画像がわかりにくいのですが、こんな形状です。↓)

f:id:chakuma2017:20190103171729j:plain

お金はのし袋に入っていますが、ふくさから出した方が丁寧な印象を与えます。

ふくさではなく、場に合う色の風呂敷やハンカチに包んでも良いのですが、出し入れがスムーズではありません。

ふくさはいろいろ種類があります。お祝い事専用、ブラックフォーマル専用、男性用、女性用・・。でも、用途が限定されると「あ、まちがえた」と言う事が起きます。また数種類を用意するのは大変です。

そこでどの場面でも男女関係なく使える紫無地がおすすめです。これなら家族で共有できます。

また、ふくさは小さいお盆のような物が付いているものがあります。私は結婚当初はそのような物を使っていました。ですが台がある分、かさばります。

 そこである時期にふくさを買い替えました。紫色でポケット式のものです。これなら台座がない分、出し入れが簡単です。

それでも、芯があるので、のし袋が折れたりゆがんだり汚れる心配がありません。慶弔どっちでも使えるし男女無関係です。

この手のものは100均でも売っていますが、何度も買うものではありませんので、もう少し予算を出して(と言ってもリーズナブルです)使いやすいものを用意しておくと何かと安心です。

類似のふくさはこちら→ふくさ 袱紗 慶弔両用 無地【メール便送料無料】ちりめん 結婚式 ブラックフォーマル 男性用 女性用 おしゃれ かわいい