簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。2019年から音声認識入力でブログを書いています。

ポイントカードを持つならデビットカードを持とう・目指すキャッシュレス

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

楽天デビットカードを使って財布を膨らませず、いろんな手間をカットしてしまうお話です。つまり節約、時短、収納(財布の中ではありますが)、使い方では投資のメリットがある話題になります。

さて、ポイントカードって、手持ちのカードが増えるデメリットがあります。多少はお得であるのですが。「ちりも積もれば」トータルではバカにできない額に相当することもあります。

一方でそうすると財布の中のカード類が増えます。お金なら良いのですがキャッシュカードやクレジットカードやポイントカード、診察券、会員証・・。本当にキリがないですよね。でもデビットカードを駆使すれば、お得をキープしながら財布のカード類を減らすことができます。

このブログを見て下さっている方は、おそらく楽天好きな方が多いと思います。なので、楽天のポイントが貯まるなら大歓迎ですよね。

ズバリお勧めするのは楽天デビットカードを使う事です。デビットカードがクレジットカードと大きく違うのは口座からの引き落としが即時だということです。

クレジットカードは利用してから1~2か月後に引き落とされます。ですがデビットカードはすぐに口座から引き落とされるので残高以上に使う事ができません。だから使い過ぎがないし、カード作成に審査はありません。

そして楽天デビットカードの場合はネットで申し込んでカードが郵送で(簡易書留)自宅に届くまでわずか1週間です。

デビットカードを活用すればキャッシュカードでお金を引き出しに行く手間を減らせます。

つまり、財布にデビットカードを入れておけば、ATMに行く頻度を減らせます。楽天銀行は基本的にいつでも営業しているので(ネット上で)カードが使えないことは滅多にないと思われます。

クレジットカードはクレジットカードが発行しますが、デビットカードは銀行が発行します。だから楽天のデビットカードを作りたいならば楽天銀行に口座開設をします。

何より楽天デビットカードがお得なのはポイントが付いてそれを楽天で使うのに便利だからです。結局、お得と言われても普段利用頻度が少ないところで獲得したポイントは使い勝手が良くありません。

その点、楽天なら獲得したポイントは楽天の買い物に使うこともできますが、何と楽天証券で投資に使うこともできるのです。 

楽天銀行は楽天証券との連携もスムーズです。今、注目のNISAや積み立てNISAをついでに開始してしまうにも都合がいいですね。

デビットカードはたいていの銀行で作れます。ですが使い勝手が良い事が大事です。楽天デビットカードならポイント還元率は1%です。これが銀行によっては0.5%と低いところはざらにあります。せっかくなら多くのポイントをもらった方がいいに決まっています。

厳密には楽天デビットカードで楽天のポイントを受け取り、買い物した店舗のポイントカードを使えば二重にポイントを獲得できます。

ですがここで私は財布の出し入れがシンプルでスムーズであることを優先しています。つまり店舗のポイントカードはあえて使わないのです。それでも現金で払うよりポイントを1%受け取れます。

デビットカードとポイントカードの2枚を出し入れすると、注意がそがれて財布の中身を落とすかもしれません。そうしたリスクを避けるために楽天のポイントだけを受け取り店舗のポイントは捨てるのです。何が何でも全部をもらおうとしなくてもいいのです。この辺は各自の判断でいいのです。

それでもメリットは一石三鳥です。

  1. 財布が膨らまない。
  2. ポイントが1%はつく
  3. 財布の出し入れがラク
  4. ATMで現金を引き出す手間が減る
  5. 人前で現金を扱わずに済む(現、日本では危険はないけれど外国ではあり得ない国もあるそうです)
  6. 利用明細が家計簿代わりになる