簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

干し芋の代わりに食べるおやつ・3つのメリット

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

健康的なおやつとして干し芋をよく食べます。

 (よく買う干し芋)

やわらかほしいも スティックタイプ 110g ×5袋

やわらかほしいも スティックタイプ 110g ×5袋

 

 

ですが欠点があります。それは手ごろな値段のものは中国産だということです。それと売っていない店も結構多いということです。

ですが干し芋の代わりになりそうなおやつを思いつきました。

f:id:chakuma2017:20190129085910p:plain

それは冷凍カボチャです。これなら国産でも手ごろな値段で手に入ります。冷凍かぼちゃなら保存が効くので常備できます。それに予めカットもされています。

 

干し芋の代わりに冷凍カボチャを食べるメリットは3つあります。

 

  1. 国産でも値段が手ごろ
  2. スイーツとして他の調理に使いまわしができる
  3. おかずに使いまわしができる

 この他、生のカボチャと違ってカットする手間や個体差による当たりはずれがありません。生のカボチャは食べてみるまで味や固さがわかりません。あたりの場合は良いのですがハズレのカボチャにあたると大変です。

柔らかくなるまで時間がかかったり、味がいまいちの事があります。その点、冷凍カボチャならハズレなしです。

今朝、冷凍庫に合ったかぼちゃをフライパンで焼きました。(オリーブオイルを敷きました。)軽く塩を振って少し朝食でも食べました。

 

f:id:chakuma2017:20190129084745j:plain

必要ならカットしてもいいですね。もちろん、ここからスイーツを作ることもできますね。(作らないけど)

干し芋同様に食物繊維が豊富です。皮の部分が付いているのでこの栄養価も期待できます。

おかずに使うこともできます。こうしてみると冷凍カボチャは使える幅が広い便利食材ですね。