簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

格安スマホ(SIM)間乗り換えと機種変更しました。手続きは自分で・OCNモバイルoneから楽天モバイルに。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190814212552j:plain

約2年前に使い始めた格安スマホ(SIM)ですが、先日、通信事業者を乗り換えしました。ついでに端末の機種変更もしました。

 スマホ乗り換えも、機種変更も、自分でできる

具体的にはOCNモバイルoneから楽天モバイルへの乗り換えです。 

端末は、アンドロイドからiPhoneへ

 乗り換えも機種変更も、自分でできますよ。

自宅から一歩も出ないで可能です。

 OCNモバイルoneでの通話プランオプションがコストダウンの要

通信費ですが、元もと契約していたのは、OCNモバイルoneです。これも格安SIMです。だから三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)より格段に安い。

キャリアであれば月7千円くらいかかりますが、OCNモバイルoneでは通話し放題オプションを付けて月2,500円くらいで済みます。

けれども、OCNモバイルoneで使っていた通話オプションが、ちょっと割高だと感じるようになりました。(目的に合えば、割とお得です。)

f:id:chakuma2017:20190814212854j:plain

というのも、これまでのOCNモバイルoneでは、通話オプションは月850円でトップ3かけ放題を利用していたからです。これはちょっとだけ割高なんですね。でも、長電話になる実家などとの通話には、ぴったりでした。

ですが最近は、長電話の機会は減りました。となれば、通信プランの見直しの良い機会です。

楽天モバイルのスーパーホーダイ3年プランを契約した

f:id:chakuma2017:20190814212827j:plain

いろいろ調べた結果、選んだのは楽天モバイルのスーパーホーダイ3年プランです。3年縛りはちょっと長い気がしますが、どうしてもムリがあるなら解約すればいいだけ。解約の手数料は9,800円ですが、そんなに恐れる必要はないと思います。

問題なければ、このまま3年間契約を続ければいい。そうすれば安く使うことができますね。スーパーホーダイは、楽天でんわの10分かけ放題がついています。

楽天モバイルは楽天メールも使える

また、楽天メールを使う事ができます。楽天メールは、キャリアのメールのような完璧さはありませんが、ある程度は、使えそうです。

例えばキャリアから乗り換えする方が一番戸惑うのはメールだと思います。ですが楽天ならメールがあります。キャリアのメールほどではないですが。

楽天スーパーポイントを楽天モバイルの支払いに使える

それと、楽天モバイルの支払いは、楽天スーパーポイントを使えます。つまり、楽天カードやでデビットカード、楽天市場などで貯めたポイントを楽天モバイルの支払いに使えます。

 

www.kurase.com

 

ということは、楽天モバイルは現金をほぼ使わずに済みそうです。

iPhone7をアップル公式サイトから購入

端末の方は、今回私はiPhone7をアップル公式サイトから買いました。注文の翌日には届きます。 

f:id:chakuma2017:20190814212932j:plain

また、今回はたまたまだったのですが、10月の消費税増税前なので消費税2%アップ分抑えることができます。ただしこの機種もいずれ値引きされるはず。そのタイミングがわからないのですから、本当に必要でなければ無理に急ぐ必要はありません。

おまけ情報!※お得情報です。iPhone6Sであれば、実質540円で買えるMVNOがあります。(この記事執筆時点)

ですが今回、私は6S では目的に合わないので見送り、別の機種をアップル公式サイトで買いました。(6Sで構わないのであれば新品がこの価格なので、かなりお得です。)

端末の設定やMNPの手続きをする

新たに契約する事業者を決めたら、今まで契約していた事業者(OCNモバイルone)にネットか電話をかけてMNP番号を発行してもらいます。今回はネットで申し込みました。そのあとショートメールでMNP番号が届きます。その番号を新たに契約する楽天モバイルの開通時に使います。

楽天モバイルのSIMの配達は、本人確認書類のOKがとれると、1~3日で宅配で届きます。

端末が届いたら、アンドロイド端末からiPhoneにデータ移行する作業をします。(今回、アンドロイド→iPhoneだったせいか、うまくいかずちょっと手間でした。)

MNPの手続きをします。MNP開通とは、電話番号の引継ぎです。OCNモバイルoneから受けたMNP予約番号で手続きします。

古い方のアンドロイド端末から、楽天モバイルの用紙に書かれた電話番号に電話します。音声だけです。音声の通りに操作して電話を切ります。

このあと元のアンドロイド端末で通話できなくなれば、MNPの開通手続きは終わりです。

この他、iPhoneにSIMを入れたり、新しい端末のiPhoneにAPN設定というのを行います。APN設定は、なんか難しそうですが、楽天から届いた「はじめてガイド」の通りにやればいいだけです。 

楽天でんわのアプリを忘れずに入れる

楽天モバイルのスーパーホーダイの楽天10分かけ放題は、楽天でんわアプリ経由か、頭に番号をくっつけなくてはいけません。アプリ経由の方が断然簡単なので、忘れずに楽天電話のアプリを入れます。

そのまま普通に電話をかけてしまうと、料金がまともに請求されてしまうので注意しましょう。アプリか頭に番号を付けて発信するのは、OCNモバイルoneのOCN電話も同じでした。

この楽天でんわはアプリ単体の利用料金は月850円です。スーパーホーダイは料金に含まれています。

楽天メールは無料で使える

楽天メールは申し込み制です。iPhoneの場合はメールサーバの設定が必要です。説明書に書いてある通りにすればいいだけなので、特に問題はありません。(アンドロイドは楽天メールアプリがあるようです。)

格安スマホを自分で自宅でやると、ちょっと何だかんだで手間は必要です。でも一度設定すれば後は何も問題ありません。

自分で乗り替え手続きをやるメリット

そして店頭でお願いするときと比較して、スマホの背景が理解できるようになるメリットがあります。

これが反対に「全てお店の方にお任せ」の場合、料金が高いのか安いのかでさえ、そもそも理解できにくかったりします。スマホの料金はわかりにくい表記になっていることが多いからです。

でも、はじめはわからなくても、電卓片手に意味を確認しながら見て行けば段々理解できるようになります。

そして一度経験すれば、あとはパッと見ただけでも高いのか安いのかなどが理解できるようになります。

電話番号の引継ぎのシステムも、端末の乗り換えも、どれを買えば一番自分の目的に合ってかつ、安いのかも比較できるようになります。

目的に合わせて臨機応変に変更しよう

今回、私の場合は

  • 端末の機種変更
  • 通信費自体の見直し→乗り換えが妥当

と判断したので今回のように決定しました。

人によっては

  • 通信費は見直したいけれど端末は変更しなていい。

とか、

  • 通信費の節約と端末を安く新しくしたい。

など

様々な目的があると思います。

どれがいいかを決める時は

自分が何をしたいのかをよく把握することですね。

まとめ

  • 格安SIMを乗り換えました。
  • 端末も同時に新しくしました。(iPhone)
  • 乗り換えの手続き、機種変更全て自宅で自分でやりました。
  • 楽天モバイルは費用やサービス内容が充実しています。
  • 今回はスーパーホーダイ3年プランを申し込みました。
  • 一見、面倒ですが一度やってみればすぐに慣れます。
  • 自分で手続きを経験すると、スマホの背景が理解できるようになります。
  • すると以後は「わからない」が「わかる」に変化します。
  • わかることやできることが増えるにつれて節約も効率的になります。

目的にあわせての買い物は、満足度や目的を発揮できるので良い投資になります。