簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

無駄に太らず、ちょうどよい日常の食習慣のサイクル

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

朝昼晩の3食をしっかり食べると、ちょっと食べ過ぎ状態になりやすいと気がつきました。そこで午前のおやつをやめて、同時に昼食の食事量を控えてみました。するとちょうどよい状態になりました。

f:id:chakuma2017:20190214200517p:plain

私は、夕食を食べる時間が比較的早めです。夕食後は歯をしっかり磨いてしまいますので、後は何も食べません。そうすると朝食まで時間が空きます。

当然、朝はお腹がすいていますので、ある程度しっかり食べます。ですが、お昼はそれほどお腹が空いていないことが多いのです。

それでも「食事は大事」とばかりに、お昼もしっかり食べていることが多かったのです。ところが食べ過ぎているわけでもないのに、ちょっと体重が無駄に増え気味と気づきました。

そこで、午前中のおやつをやめることと、昼食を軽くすることにしたのです。食事というよりも、おやつの延長のような感じです。具体的には、パンとりんご、チーズなどです。午前中のおやつを食べずに軽い軽食を摂る感じです。

その後、天気が良い日にはウォーキングや買い物に行きます。冬は途中カフェに寄ったりはせ、ずまっすぐ家に帰ります。

f:id:chakuma2017:20190214200618p:plain

帰宅してからコーヒーとおやつをちょっと食べます。このひとときが最高です。夕食は家族が帰宅する前に少し早めに食べてしまいます。

このようにすると、夕食から次の朝食までだいぶ間が開きます。ですが、そするとお腹にもたれることもなく快適に過ごすことができます。

このようなサイクルで食事をするようにしたところ、同じように食べても体重が増えることがなくなりました。

また逆に、体重が減り気味かな?という時期の頃は、歩いている途中にエネルギーダウンするような時期もありました。このような食べ方は食事量が足りていないわけです。

現在の食事はウォーキングに行っても、エネルギー切れすることもありません。毎日体組成計に乗っていますが、だいたい年齢マイナス10歳くらいで落ち着いています。

食事量やタイミングは自分に合う方法を試してみて、ぴったりくるサイクルを選ぶことが必要ですね。

 

 

この記事は音声認識入力で記入しました。