簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。2019年から音声認識入力でブログを書いています。

書店好きな私が短時間で買い物を済ませるようになった理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

書店によるとつい長居をしてしまうので、できるだけ立ち寄らない期間を設けていたりする私です。

f:id:chakuma2017:20190221173051p:plain

先日も書店に行く予定はなかったのですが、用事があって書店の前を通りかかりました。「ちょっとだけ」ということで立ち寄ったところ、気になる本が何冊か目に入りました。

パラパラと本の中身を確認しましたが、実はこの時、私は5分ほど滞在し、一冊だけを買って店を後にしました。

なぜ、いつもは書店に長居する私が、このようなことが可能だったのでしょうか。それは服装に原因がありました。

その日は寒かったので、本当は外出つもりはなかったのです。ですがどうしても出かけなければならない用事が出来ました。

f:id:chakuma2017:20190221173121p:plain

私はかなり厚着をして外に出ました。服装は外の一番気温が低い温度に合わせています。ですから当然、店舗の中に入れば、たちまち汗をかいてしまいます。

汗をかかずに店内に滞在できるできる時間は一体何分ほどでしょうか。私は頭の中にウルトラマンのピコンピコンピコンというアラームが鳴り始めて警告している様子が浮かびました。

 

汗をかき出すのが先か。

私が店を出るのが先か。

 

一度汗をかいてしまうと、外に出ればたちまち体が冷えて逆に寒くなってしまいます。私は気になった本を一冊手に取り、レジに向かい早々に店を後にしました。

セーフでした。汗をかいていないので外に出てもその時着ていた服装が体をガードしてくれました。

店を後にして気がついたのですが、これは「冬ならではのある種のメリット」だと気づきました。

これを活用すれば、予定外の買い物で無駄に店内に長く滞在することを予防することができます。

ただしこれは「汗をかくと後で体が冷えて危険だ。」ということを自分が強く認識している必要はありますが。