簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。2019年から音声認識入力でブログを書いています。

家計簿アプリZaimを使ってみた・たまったレシートの山もサクサクあっという間に家計簿が完成しました

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今更ですが家計簿アプリを使ってみました。今回使った家計簿アプリはZaimです。


以前にも家計簿アプリは使ったことがあります。
ですがなぜか何となく、ここ最近手書きで家計簿をつけていました。

 

f:id:chakuma2017:20190303133909p:plain


ところがここ最近、キャッシュレス化を始めたところレシートが2枚になってしまう状況になりました。それでなんとなく面倒くさくなり放置しました。


その結果3ヶ月ほど経過してしまいました。

たまりにたまったレシートを前に途方にくれました。
それで家計簿アプリを使うことを思い出しました。 

 

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」

 

Zaim の主な機能

 

電卓付き家計簿で簡単入力
レシートから品目を自動読取(無料)
約 1,500 の銀行やクレジットカードの入出金を自動取得・分類(無料)
棒グラフ・円グラフで家計簿を分析
月カレンダー・週カレンダーで履歴を見やすく表示
皆が何にいくら使ってるか家計簿の統計情報と比較
月の予算を決め家計簿の残高を表示
お財布や口座、クレジットカードの残高を表示する資産管理機能
支出や収入を入力するともらえるスタンプ機能
お金を支払ったお店を家計簿に登録
つけ忘れ防止のアラーム機能
家計簿の繰り返し入力
パスコード・ロックでセキュリティも安心
よくいくお店の特売情報を自動表示(株式会社トクバイ提供)
家計プランナー監修!おすすめの家計バランスを提案
CSV・エクセルへのエクスポート
CSV・エクセルからのインポート
月の開始日・年の開始月・週の開始曜日を変更可
Facebook / Evernote / Google と連携
初めてでも安心、家計簿の使いかたマニュアル付き
よく使う家計簿データをお気に入りに追加
医療費控除にあたる支出を自動抽出
お住まいの地方自治体の給付金を自動取得に対応
いま入っている保険の記録ページ
ローン返済表の自動生成
給付金を自動取得に対応
年収や家賃などから無理のない支出をおすすめするバランス診断
世界各国の 153 貨幣通貨に対応
異なる通貨を相互に自動変換(アプリのみ)
ほぼ毎週 iPhone, iPad, Android, Web の機能をアップデート!どんどん便利になっています。

 


考えてみればなぜ最近アプリを使うことをためらっていたのか謎です。
特に今回は溜まりに溜まったぐちゃぐちゃのレシートの整理が一番の目的です。


手書きをしていて特に大変なのは、時系列に整理することです。
そんな「ただの作業」に時間をかけるのは無駄以外の何者でもありません。


実は家計簿アプリを使ってもレシート撮影を使うのは初めてです。
今回は違うアプリを使うことにしました。
最終候補はマネーフォワードと Zaim です。


特に理由はないのですが Zaimを使ってみることにしました。
まずたまったレシートレシート撮影で入力しました。


初めはちょっとコツが必要だったり、どうしても読み取れないレシートなどは多少はありました。けれども手入力より圧倒的に早くて正確で、あっという間にレシートの山が片付きました。

f:id:chakuma2017:20190303141200p:plain



次に通帳や現預金以外での支払いの費用を片付けました。

マネーフォワードも Zaimも、金融機関、通販サイトと連携することができます。

連携すれば、これらの機関を経由したお金の動きは自分で操作する必要がありません。

とりあえず現時点では金融機関や通販サイトとの連携はせず、レシート撮影と手入力で完成させました。

 

入力さえ済ませれば計算したり検算したりの手間が全く入りません。

これだけでもとても便利です。

 

また多くの人が悩む家計簿の記帳では費目理由で悩む人が多いですよね。
これについてはわかりやすく分類の説明がありますので、ほとんど迷うことはありません。


自分で種目を変えたり項目をつけ出したりしたい時にはそれも自由にできます。

あっという間に見やすい家計簿が発生しました。

 

これに加えて金融機関や通販サイトその他との連携もすれば、もっと管理が簡単になりそうです。

もっとも、連携については危険性を指摘する人もいます。実は私もちょっと気になるのですが、今まで流出などの話は聞いていません。


セキュリティに関することは厳しく行われているようですので、きちんとした使い方をしていればあまり考えすぎることはないと思います。

 

もちろん使うか使わないかはご自分の判断で決めてください。

全部の機能を使わなくても、とりあえずの今回の私のように部分的に使うこともできます。

 

例えばレシートを整理して、その集計だけ使うとか、そんな使い方です。自分でレシート整理して~時系列に並べ替えして~費目分けをして~という風にするとかなり手間です。Excel などを使って集計するにしても 結構な手間です。

けれども今回のような家計簿アプリで入力してしまい家計簿としての分析結果が全部完璧に出来上がります。

 入力した家計簿は、とても見やすくて簡単で使いやすくて驚きました。
「今までの労力が何だったろう」という感じです。