簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。2019年から音声認識入力でブログを書いています。

iPadのストレージがなぜか満タンになったので初期化して復元した話

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今回はデータ掃除のお話です。

毎日便利に使っている iPad ですが、なぜかストレージが満タンになってしまいました。

そこで iPadのバックアップをとり、復元する方法で無事にデータ容量が空きました。

 

そもそもですが、実際はデータを喰っていないのに、空きがなくなったことが原因みたいです。

f:id:chakuma2017:20190305155004p:plain

iPad に入っている本来のアプリやデータの容量自体は、ストレージにまだまだ余裕がありました。

ところがなぜか、数ヶ月前から「ストレージがいっぱいです。」の表示が出るようになりました。

たいしてデータ容量を使っていないはずなのに、「おかしいな。」 と思いました。そこでまず、考えられる余分なデータを消してみました。ところが全然ストレージは空きません。しかもほとんど謎の「その他」が容量を喰っています。

そこで調べてみるとこんなことがわかりました。

長年使っているうちに、使ったデータの残骸と言うか残りカスみたいなものが、どんどん蓄積していくらしいのです。それがどうやら謎の「その他」の原因らしいのです。

ありとあらゆることを試しましたが、 やはり考えられるのは「データの残骸」や「残りカス」ではないかと思いました。

f:id:chakuma2017:20190305155346p:plain

となると、その残りかすを掃除する方法は、「 iPad を初期化して復元」する方法しかないみたいです。

「そんなことを本当にできるの?」

と思いました。

ですが方法を調べてみると、一応簡単にできそうみたいに思えました。

実際、やってみたら結果として簡単でした。

 

全体の流れをまず説明します。

 

  1. iPad のバックアップ
  2. 復元

 

これだけです。

 

ここで、ちょっとだけポイントがあります。

 

iPad のバックアップの方法はいくつかあります。

 

  • iTunes を使いパソコンに繋いでバックアップする方法
  • iCloud を使う方法

 

です。

 

簡単なのは、 iCloud を使う方法です。

 

iCloud にiPad のバックアップを取ります。

後は iPad を復元するだけです。

 

具体的な詳細の方法はググると沢山出てきます。

・・と丸投げですがすみません。

 

私は iCloud を使い 、iPad 本体だけでバックアップを取ってから復元という形をとりました。多分これが一番簡単な方法だと思います。

 

結果ストレージは無事空きました。

 やはり謎の「その他」を喰っていたのはデータの残骸だったようです。

 

バンザイ!空きました。

 

f:id:chakuma2017:20190305153910j:plain

これで無事 iPad を引き続き使うことができそうです。