簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

家計簿の記録がめんどうくさい5つの理由と解決方法

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

家計簿に時間をかけるのは無駄です。家計簿アプリで可能な限り手間をなくしてしまいましょう。

先日私は家計簿アプリを使いました。以前、別のアプリを使ったことがあるとはいえ実質初めて使うみたいなものだとしましょう。

そんな状況の私が偉そうに言うのもなんですが、いやあ、この家計簿アプリとても良いです。

f:id:chakuma2017:20190307121049p:plain

家計簿記録に時間を掛けるのは無駄

世の中には様々な家計簿を 記帳するノウハウがあります。もちろん手書きすることによる実感の良さがあるのは分かります。自分流にアレンジして「かゆいところに手が届く」的な感じで使えるメリットがあるのも分かります。

 

www.kurase.com

 

けれども、何かそういった思いがないのであれば、 さっさと家計簿アプリに移行してしまった方がいいと思います。

というのも、今の時代は便利な家計簿アプリなどがあるので、 手書きをしたり集計する作業に時間を使うのは自己満足の分野が多いからです。

大事なのは家計の全体像を把握することです。その数値をどういう風に活かしていくかというのが大事なのであって、 家計簿を記録することそのものはさほど重要ではありません。

家計簿を記録すること自体は「ただの作業」です。家計簿を綺麗に記録することはただの作業ですので、あまり意味がありません。

第一、きれいに記録するということであればアプリの方が断然勝っています。また集計ミスもありません。

少し前に始めたばかりの家計簿アプリですが、自分がやるのは必要な情報を入力したりレシートを撮影するだけです。もちろん例えばレシート撮影は少々修正が必要だったり読み込みができないケースはあります。

そういった細かな微調整を踏まえても、家計簿アプリは断然楽です。例えば 多くの方が家計簿を挫折する理由はだいたい次の5つです。

手書きの家計簿を挫折する5つの理由

  1. レシートを時系列に並べるのがめんどくさい
  2. どの費目かわからないからめんどうくさい
  3. 自分が決めた費目の基準を覚えていることがめんどうくさい
  4. 集計するのがめんどくさい
  5. 後から出てきたレシートを追加するのがめんどくさい

ところが家計簿アプリを使うと、ここに挙げた「面倒くさい」が全部一気に解消されます。

レシートを時系列に並べる手間が無駄

まず一番最初のレシートを時系列に並べるのがめんどくさいです

これはレシートを片っ端からアプリに入力していけば自動的に時系列に並びます。つまりレシートを日付順に並べ直すという手間が無くなります。

費目分けに悩む手間が無駄

次に自分が決めた費目の基準を忘れてしまうことが結構あります。 メモしておけば済むこととはいえ「このくらい覚えているだろう」とたかをくくてメモし忘れていることが結構あります。

その結果いざ家計簿に記録しようとした時に「あれ、これはどっちの費目にしたんだっけ。」という具合になることがよくあります。ところが家計簿アプリなら大体の費目分けの基準が記されているので忘れません。

集計する手間が無駄

集計に関してはエクセルなどを利用すれば問題ないのですが、自分流にあっちこっち足したり引いたりしていることがあります。

そういう時に結構後から追加したり引いたりした時に連動する項目の修正が面倒くさくなって、そのままということは結構あります。

つまり集計していても実際は使えない数字になってしまうんです。ところが家計簿アプリの場合は追加する金額とか項目を入力するだけです。 すると自動的に全部連動して修正されます。

さいごに


そして私が現在使っている家計簿アプリの場合は、「 分析」 の項目を表示させるとグラフ表示だったり時系列だったりカレンダー形式だったり好きなように表示できます。

これがきれいで見やすくてとても便利です。これまでは家計簿を記録しようと思うとハードルが高くて何日かまとめて書いていました。。

でも家計簿アプリの場合は基本的にレシート撮影して、あとは微調整するだけです。そうすると少なくとも集計はしなくていいので、「記録しよう。」というモチベーションがとても高くなります。

昨日も早速追加でレシート撮影して入力しました。結果としてレシートを溜めなくなるみたいです。