簡単に暮らせ

ちゃくまのブログです。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。50代になって間もない50代主婦です。

紅茶ティーバッグのおすすめ品・セブンプレミアムが便利で使いやすい4つのメリットがある理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

紅茶ティーバッグのおすすめ品を紹介します。ツイッターではだいぶ前にアップしていたのですが、これ、おすすめです。理由をお話しますね。

f:id:chakuma2017:20190326213407j:plain

メリット1・全国どこでも手に入る

第一にセブンプレミアムなので、どこでも手に入りやすい事が挙げられます。これが通販でしか買えなかったり、決まったお店でないと売られていないものは日常向きではありません。

私は出来るだけ、身の回りのものは食品を含めてどこからでも買える物を中心にするよう、意識しています。

なぜかというと、買い物に余計な手間と思考を使いたくないからです。もちろん、必要があればそれ以外を利用することはありますけど、ね。その辺はケースバイケースです。

メリット2・個別包装で内側がアルミで密封されている

この紅茶は個別包装です。それだけなら普通です。違いは内側がアルミで密封されていることです。

「それに何の意味があるの?」

と思いますか?

大ありです。

個別包装で密封されているということは、湿気らないので、包装のまま、どこにでも置けるという事です。缶に入れたりタッパに入れる必要がないということ。

買ってきたパッケージのまま、どこにでも置けるってことです。

 

f:id:chakuma2017:20190326213436j:plain

メリット3・ホチキスが使われていない

ティーバッグについている糸を金属のホチキス針を使っているものがあります。熱湯に浸すものですから気になる人は気になりますよね。

厳密には針を使ってないけど、「接着剤等は成分とかどうなの?」と突っ込みを入れられると私も困るしそこまではわかりませんが。

f:id:chakuma2017:20190326213501j:plain

メリット4・お茶が濃く出過ぎない

ティーバッグの紅茶って、うっかりすると濃く出過ぎることがあります。特に私が使うマグカップは小さ目なので傾向が一層大きくなります。

ですがこのティーバッグは、時間通り浸しておいても濃くですぎることはありません。ティーカップ一杯分を入れるのにちょうどよい感じです。

濃いめが好きな場合やミルクティーを入れる場合はちょっとあっさり目と感じるかもしれませんが。

ただ、普段自宅で飲む紅茶は、「ほどほど」でいいと思っているので、十分と感じますよ。

さいごに

ティーバッグの紅茶の保管方法に、これで迷わず済みます。ちょっとしたことですが、こういう気配りのあるティーバッグは結構助かります。