簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ミニマリスト志向女性私のバッグの中身を公開

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

バッグの中身を公開します。

初めに、お断りしますと、今回の記事に写っている財布はサブの財布です。メインの財布は長財布ですが、これよりもう少し厚みがあります。大きさも一回り大きいものです。

 

f:id:chakuma2017:20190521113658j:plain

荷物を軽量化するために工夫していること

できるだけポーチの類を使わないことです。どうしても必要なものは透明なジッパー袋に入れます。

また、水筒を買うときは重量の軽さを重視しました。→タイガー 水筒 200ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 パウダーピンク MMX-A020-PP Tiger

 

 バッグに入れなくなったもの

最近、バッグに入れなくなったもの&使わなくなったものがあります。それは次のものです。

  • ポーチ
  • 余計なメイクグッズ

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 


どうしても減らせない理由

ミニマリスト志向ですが、どうしても減らせないものがあります。それは、私がアラフィフであるという年齢的なことなどが主な理由です。どうしても外せない荷物としては次のものがあります。

  • 水筒
  • あめ
  • 塗り薬
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • ボールペン
  • エコバッグ

って、ほとんどですが、ここに挙げたものは状況次第では持たないことが必要ですよね。

水筒とあめ

私の場合、のどが渇きやすいので、すぐに水を口に含めるように水筒は必需品です。

同時に、いわゆる「あめちゃん」も必要です。飴は、のど飴替わりというよりも、例えば予想外に急にお腹が空いたときなどに口に含んでいます。

ムヒアルファS

塗り薬はムヒアルファSです。これは冬は不要です。最近、暖かくなってきたので持ち歩くようになりました。

私はアレルギーがあり、蚊などの虫にさされると赤く腫れあがります。ですので、刺されたと思ったら出来るだけ早く、ステロイド系の虫刺されの薬を塗ると早く治ります。以前は皮膚科で処方した薬を塗っていましたが数年前にムヒからステロイド入りの塗り薬(虫刺され)があると知り、以来市販薬で済むようになりました。

フェイラーのミニサイズハンカチ

トイレにはドライタオルが備えてあることが多いのですが、衛生面を考えると使う勇気が出ません。ハンカチを忘れて来たらティッシュで手を拭いています。

こちらの本にも衛生面について書いてあったと記憶しています。

ハンカチは何年も前からフェイラーを愛用しています。以前は25センチを使っていましたが、店頭で20㎝があると知りました。

早速、2枚買ってきました。25センチと比較してひとまわり小さいのでかさばりません。それでいて吸水性が素晴らしいに尽きます。

お値段はハンカチにしてはお高いですが、恐ろしいくらいの耐久性なので元はとれます。

デザインがオバサンチックなのが唯一のデメリットですが、品質の良さは折り紙付きです。

ポケットティッシュ

ポケットティッシュも必ず必要というわけではないかもです。けれども私は必需品です。

ボールペンとメモ帳

メモ帳の写真を取り忘れたのですが、100均の手のひら以下サイズを1つ持ち歩いています。

途中で何かを思い出した時にメモをしたりすることもあります。スマホはいったん、ロック画面を解除するワンアクションが必要ですが、紙の手帳とペンならアクセスが早いからです。

スマホがあれば手帳もペンも要らないはずですが、私は何かあったとき、周りに状況を伝えるなどを想定してペンと紙の手帳を持ち歩いています。

ミニマリスト志向的には「万が一」を考えすぎてはいけないと言われています。ですが「実際に経験したアクシデント」に限っては、想定した荷物にしています。

私の場合は必要ですが、普通の場合は必ずしも持つ必要はありません。

エコバッグはこれが一番

エコバッグはこういうタイプが一番使いやすいです。

2枚持っていてフル活用しています。軽いのに丈夫です。柄選びに迷った時はシンプルなものがおすすめです。

理由は、夫などに持ってもらうときも抵抗が少ないからです。

食品の買い出しのほか、意外と役立つのは例えばそれ以外のショップバッグで帰宅するときです。ショップバッグのロゴが気になる時、このエコバッグに入れると悪目立ちしないで済みます。

薄型財布に完全移行できない理由

普段、メインで使っているのは、何年も使っているL字型ファスナー長財布です。そちらには必要なものが入り、ワンアクションで出し入れできます。

一方で、サブの(今回の画像の長財布)財布は、カードを入れられる数が限られています。また現金の出し入れがしにくいのです。

完全キャッシュレスに移行できればこの薄い財布で良いのですが、時々必要な現金支払いがあると、薄い財布は無理があります。「もっとキャッシュレス対応か進んだら」に期待したいですね。

 まとめ

  • 荷物軽量化のコツ
  • ポーチを使わない。
  • ジッパー袋を活用する。
  • もしくは直接バッグに入れる。
  • 飴は急な空腹にも対応。
  • フェイラーの小型ハンカチは優秀。
  • 軽量化を重視した物選びをする。
  • エコバッグは軽くてコンパクトな物を使う。
  • 財布はキャッシュレスがもっと普及したら軽量化に期待。