簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ラジオ体操を毎朝のルーティンにする効果とは

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

日課にしたいことを無理なく続ける方法に関する話をします。

初めに結論を言いますと、毎日続けたい事は「ルーティン化」が最適です。その理由ですが、ルーティン化することで「めんどうくさい」とか「今日はサボっちゃおうかな」という気持ちを排除することができるからです。

例えば私は数年前から、ラジオ体操をルーティン化しています。毎朝の流れの中に組み込んでいます。ですので「めんどうくさい」という思考が入る余地がありません。

具体的には洗顔、歯磨き、着替えの次にラジオ体操をしています。ラジオ体操は第二までやっています。

音楽は無し、無音でやっています。毎朝ラジオ体操をやっていると便利なことがあります。それは体調をおよそ知ることができることです。

例えば「今日は足首が固い」とか「肩の調子はいいみたい。」という具合です。

体調を把握したあとは、その日の天候を確認します。そうしてその日のウォーキングなどのだいたいのコースと時間帯をざっくり決めます。

これが仮にラジオ体操のルーティン化などをしていない場合、ウォーキングに出かけてから急に「足首が痛い」という事態が起きると面倒です。

事前にある程度把握しているからこそ、突然の大変なことを予防できます。毎朝、決まった動きをするからこそ、些細な変化にも気が付くことができます。

同じように、ラジオ体操以外にもルーティン化していることがいくつかあります。何か行動を起こすとき「やるか、やらないか」の意思決定をしていてはエネルギーを消耗します。

そこであえて「ルーティン」にしてしまえば、意思決定をするエネルギーが不要ですし、負担と感じる気持ちをスルーすることができます。