簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代&アラフィフ主婦。2級FP技能士。ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

ファッション・流行遅れで「この服、もう着られない」と捨てる羽目にならない選び方のコツ

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

洋服の悩みは女性にとって尽きません。けれどもある対策に気付きました。

f:id:chakuma2017:20190623175051j:plain

流行ものには終わりがある

その方法とは、ひたすら定番の服だけを買う事です。

反対に買ってはいけないのは流行をほうふつとさせるアイテムです。そのよい例はトッパ―カーディガンです。流行はめぐります。

数年前に出始めた時に「おしゃれ」と気に行って買い求めたのですが、今やこれを着ると残念なことになりやすいと気付きました。

もちろんそれは、私に限ったことであり、他の方がそうだということでは決してありません。

トッパ―カーディガンは他にこんな名称も見かけます。

  • ストールカーディガン
  • 着流しカーディガン

要は前にボタンがついていなくて、さらっと羽織って着るスタイルのカーディガンです。これ、出始めた頃はちょっとお値段お高めのショップなどでないと見かけませんでした。ところが段々、流行は広がりました。

初めの頃、正統派のトッパ―カーディガンは、襟の部分が立っていて折り曲げられていました。

ところが、流行が広く普及するあたりになると、エリの部分や折り返しが簡略化。ついには襟の首の後ろあたりが三角形状にえぐられている形状に簡略化されているし、前身ごろの開きの部分が簡略化されていて、もはや原型をとどめません。あえて言えばボタンがない、くらいのものでしょうか。

NHK朝の番組でアナウンサー女性が着ていてもおかしくないか?

こうなってくると安全圏は、やはり普通のカーディガンだと思う次第です。

つまり、普通の長さで、普通にボタンがあるものです。イメージで言えば、朝の番組でNHKのアナウンサーの女性が着ていても違和感のないような服です。

NHKの朝の番組のアナウンサーの女性がトッパ―カーディガンを着ているイメージは沸きません。

おそらく流行の初期であろうが、ピークであろうが、NHK朝の番組のアナウンサーの女性が、その種のアイテムを着ることは永遠にないと思われます。

定番服が服の悩みを減らす

それをヒントにすることができます。 できるだけ流行遅れで着にくい服を増やさないこと。それが服で悩んだり、捨てる服を産まないコツですね。

つまりは、できるだけ徹底して定番と言われるような、普通の服だけに狙いを定めること。それこそがコーディネィトの悩みを産みにくくするのではないでしょうか。

「この服イタイ」も予防する

また、「この年齢でこのアイテムはイタイ」というようなことも定番アイテムを選んでいる限りは起きにくいのではないでしょうか。

つまり一定の年齢以上の女性に生じがちなこと。それは客観性を失い年齢に対して違和感のある服を着てしまう事で起きます。

こうした「事件」も定番アイテムを着ることでかなりの割合で回避できるはずです。、流行はうまく取り入れれば安上がりで気分転換に効果的です。

一方で、しばしば違和感をもたらす危険アイテムでもあるということです。その分、「間違い」を産まないように細心の注意が必要です。

さいごに

せっかく買った服を捨てる羽目になってしまうのは残念なことです。そうならないためには「流行」とできるだけ縁がなさそうなアイテムを選ぶことが良いのではないかと考えなおしたところです。