簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ひと月、通販をやめてみた・アマゾンも楽天もネットスーパーも使わないくらし

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190705154433j:plain

ここ数年、アマゾンからかなりの買い物をしていました。我が家では生鮮食品以外は、だいたい週1ペースで、暮らしに必要なものをアマゾンやネットスーパーから買っていました。

ところが、そんなわが家が、さいごにアマゾンに注文したのは6月5日。つまりちょうど、ひと月もアマゾンから買い物をしていないのです。

「あー、やればできるんだ。」

 通販じゃなくて直にお店から買う習慣を試みる

このひと月、わたしが意識したことがあります。それは、直にお店から買い物をすること。すると、あたりまえのことですが、買い物の手間がかかります。それだけじゃありません。

荷物は重さがあります。そして自分がいちどに持ち帰られる量には限界がある。となると、「その日、そのとき、どれをどれだけ買っていいのか。」を予算とは別に考えなくてはいけない。しかも瞬時に。

少し前まで、わたしはこの手間をムダな行為だと決めつけていました。確かに、通販で頼めば、あとはまとめて受け取るだけ。金額も、たいていは通販で買った方が安い。

けれども、自分で直接お店から買ってくるこの行為は、見方を変えれば取捨選択と「今、このとき」に何が必要で何がそうでないのか、を「見きわめる訓練になるのだ。」と気付いたのです。

 

例えば、

スーパーに行った。

キャベツが安い。

しかも新鮮だ。

隣を見たら、キュウリも安い。

今日は、どうしても卵を買わなくてはいけない。

となると、キャベツとキュウリの両方を買うのは無理がある。

どちらも重量があるからだ。

キャベツはサラダにも炒め物や煮物にも使える。

だけどキュウリは生でしか食べられない。

だったら、今日はキュウリは見送ろう。

キャベツと卵を買う事にしよう。

・・と、こんなかんじ。 

 

これがたとえば、ネットスーパーだのみだったり、夫といっしょの買い物であったりしたならば、迷いなくキャベツとキュウリの両方をかごに入れていました。

また、こんなことがありました。数年使ったドライヤーが壊れたのです。以前であればこういう買い物はアマゾンから買うのが常でした。

念のためラインナップとだいたいの価格は見ましたけどね。

けれどもドライヤーも、今回は家電売り場に買いに行きました。現物を見て買えるので、手に持った感じも確認できます。

f:id:chakuma2017:20190705152406j:plain

【ポイント10倍!】パナソニック EH-NE4A-T ヘアードライヤー ionity(イオニティ) ブラウン調

 (通販のリンク貼って矛盾してるじゃないか!とお叱りを受けそうですね。商品の詳細が気になる方もいらっしゃいますので)

 

価格は、予想通りアマゾンから買うよりかなり高かった。けれども別途アマゾンに注文することはしないで、その場で買って帰りました。

 

もちろん、どうしても買い物の時間がとれないとか、大型や重い物は通販頼みになることもあるかもしれません。

f:id:chakuma2017:20190705154736j:plain

けれども、直に買いに行くことで、アマゾンより割高ではあるけれど、こんな側面もあったのです。

それは、全体としての買い物の量や種類が減ったことです。例えば、アマゾンであれば目についた品をポチッとするだけで買えてしまいます。

だけどリアル買いはそうもいかない。持ち帰らなくてはいけない。だから買える量や重さにはタイミングと限界があるのです。

もちろん、アマゾンで買っていた時だって、必ず必要な物だけを買っているつもりでした。けれども通販ついでに「買っておく物探し」をしていなかったとは言えません。

いや、絶対に「ついで買い」をしていた。はい、していました。つまりムダな買い物があったということ。みとめます。

そして何となく、アマゾンに注文確定ボタンを押す手が止まるようになってしまった理由。それは長らく配達してくれていた安心、安全、丁寧、誠実・・〔ほめ過ぎですが、関係者ではありません・・。)のヤマト運輸が配達してくれる確率がほとんどなくなったことです。

 

もちろん、他の宅配業者さんもいっしょうけんめい、配達してくれています。ありがたいです。

けれども、ヤマト運輸の「かゆいところに手が届く」利便性と安心感、これと比較すると「ま、いいか。やっぱり直接買いに行こう。」と思い直し、気が付いたらひと月も通販全般で買っていなかったのです。

同時によく利用していたネットスーパー店舗も異変を感じたのはティッシュペーパーがきっかけでした。

アマゾンでもティッシュペーパーを急に注文しにくくなった。それでネットスーパーを見たら、こちらもダメ。トイレットペーパーは注文できるけどティッシュペーパーの注文ができなくなっていました。

 

www.kurase.com

 

多分、トイレットペーパーは「ないと困る」から配達するけれどティッシュは緊急性が低いからなのかどうか。

多分、ココも人手不足のにおいがしますね。何となく。

最近、人手不足で宅配業者さんも確保できずにいるみたいですね。であれば、まずはそれに対応できるように、こちらもどうしても必要な場合以外は通販をひかえてみようと思います。

 それともうひとつ。通販をひかえるだけじゃなくて、自力で扱えるものだけを中心に暮らしてみようっと。

考えてみれば通販をひかえることで、家全体の物を見直すようになるし、一時的に割高な買い物もある。けれどもトータルでみれば、支出は減り、無駄な買い物も減っている気がする。

 まとめ

  • アマゾンに注文することが減ったのをきっかけに、通販全般をひかえてみました。
  • これまでアマゾンをよく利用していたのは、我が家の場合、かゆい所に手が届くヤマト運輸さんの安心感と利便性による部分が大きかったようです。
  • けれども最近では、宅配業者さんが多様になりました。
  • そうであれば、そもそもの通販頼みの買い方を見直す時にあると思うのです。
  • すると中には割高な買い物もありますが、総合的には無駄な物は買わなくなったと思います。
  • 通販をひかえることで、物とお金の両方のバランスを見直すきっかけになったのです。