簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、ミニマル志向、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

詰め替えボトルとエコの真実

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190709191356j:plain
 

洗剤やシャンプーなどを買うとき、疑問に思ったことはありませんか。

なぜか本体より、「詰め替え」の方が実質、高いときがあるんです。つまり価格のバランスが「何か変」。

普通は、詰め替えボトルの方が、本体より安いはずですよね。

「がっしりしたボトル入りより、詰め替えボトルの方が、コストが低いはず。」

そう思っています。もちろんセールや価格変動で変わることがありますが。また、

「私はお金のために、詰め替えボトルを買うんじゃない。環境のためなの。」

という方もいますよね。でも今回、環境に関する是非はいったん、課題として脇に置くことにします。今回は「中身とボトルの価格」に話題を置きますね。

私たちは洗剤やシャンプーについて、ボトルより中身に価値を置いて買っていますよね。ボトルはあくまで脇役です。

だけど、その脇役であるはずのボトルが、主役の中身(シャンプー、リンス、洗剤など)を上回っているとしたら?・・このような記事を見つけました。

www.lifehacker.jp

中でも驚くのはこの部分です。

無作為に洗濯用柔軟剤10種類を調べてみると、なんと10種類すべてにおいて、容器商品よりも詰め替えの方が2割から3割内容量が少なく、中には4割も少ないものもありました。計算した結果、7商品が100mlあたりの単価が容器商品よりも割高という結果に。

 

上記記事の概要

 概要

  • 詰め替え洗剤は、本体よりも利益率が高い。
  • 実は容器代の方が、中身より高い。
  • 詰め替え商品の方が、本体より(容器代もほとんどかからないので)中身の単価が安い。
  • 「詰め替え商品が多くて容器商品が少ないお店」が結構多いのは、利益率の高い詰め替え商品を置きたいから。
  • 詰め替えの容量が少ない理由。・・気づかれない程度に減らして、さらに詰め替え商品を買わせる販売戦略のため。

確かにシャンプー、リンス、洗剤の成分はほとんど水です。ということは、「原価は限りなく安い」と推測ができます。

もちろん、原価には宣伝のためのコストなども加わるのですが、私たちはあくまで中身の「液体」に対して主にお金を支払っていると考えています。 

だけど、洗剤やシャンプーなどの中身のコストはほとんどが水。なので、私たちは中の液体ではなく、それ以外の部分に多くのお金を投じているともいえます。

 つまり最近、本体と詰め替えで「価格のバランスがおかしい」論、以前の話というわけですね。

つまりメーカーとしては、詰め替えだろうが本体であろうが、どっちが売れても大差ないということです。売れることが大事なのです。

そもそも洗剤などの液体ものは、原価が限りなく低い。現存の価格の場合、洗剤が売れた時点で企業の目的を果たしている見方ができますね。

ということは詰め替えボトルって、実は「エコ」を利用した巧妙な商品なのかもしれません。

エコって実は奥が深いんですよね。何をどう切り取ってエコとみなすのかは、結構難しいと思います。