簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

【固定費の節約】まだ格安スマホ(格安SIM)を使わずキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)を使っているなら、要注意です。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190725212944p:plain

みなさんは節約に興味はないですか?

またはトク!という言葉にも興味ありませんか?

 

じゃあ、「お金が余る」ことに興味はありますか?

また、「損!」と聞いて黙っていられますか?

 

多分、節約も得もお金も損も興味がない人はいないと思います。

実はこれ、全部三大キャリアと呼ばれるドコモ、ソフトバンク、auでスマホを契約している場合への忠告です。

というのも、これらの多くの場合は、無駄に多額の通信費を支払っているからです。

もちろん、事情がある例外はあるでしょう。でも9割の人は格安スマホ(SIM)で十分なのです。 

9割の人が節約に無頓着の可能性

それなのに、実は9割の人が興味はあっても節約していないし損してるし、無駄にお金を使ってる可能性が高いのです。

約9割の人がキャリアでスマホを契約して格安SIMを使っているのは約1割に過ぎないからです。ということは、9割の人が節約に無頓着であるともいえます。

このスマホの通信費って簡単に節約できます。結論を言うとスマホの通信費を節約するには、格安SIMを使えばいいんです。

端末は、たいていの場合、そのまま格安SIMで使えることが多いです。

 

ところが節約を実行しているのは、1割の人だけなんです。

今、スマホを持っていないのは、幼い子供と、お年寄りの一部くらいですよね。

でも、問題なのは通信費です。

これが昔のガラケー時代と比較してバカになりません。

普通にドコモ、ソフトバンク、auで契約していると月に7千円前後かかります。

これってひと月は数千円だし、払えないわけではないからと問題にしていない人の多いこと。

高収入の人は格安SIM利用率が高い

そして興味深いのは格安SIMを使っている人のは、全般に高収入の人が多い傾向にあることです。

ところが従来通り三大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)を使っている人は、高額にもかかわらず、意外にも低所得の利用率も多いそうです。

その原因として、格安SIMの支払い方法は「クレジットカード払いがメインだから。」だとも言われています。

確かにクレジットカード払いのみ、という通信会社が基本です。でも、銀行口座振り込みできるところもけっこうありますよ。

それに、乗り換え方法がわからなくても、店舗があちこちにあるのです。申し込みの意志さえあれば、いい。面倒な手続きの手間は、そこで全部お任せすることもできるんです。 

また、もう一つの理由は、情報収集と行動を絡める意思決定力にもあるかもしれません。 

いずれにしても、格安SIMを使うか使わないかは、本人の意志だけだということです。わからないなら、店舗に駆け込んで聞けばいいんです。

サイトではチャットの質疑応答もあったりします。

格安SIMを使うといくらくらい節約できるか

ちなみに格安SIMでスマホを使った場合、三大キャリアと比較して月に4千円前後安くなります。通話不要ならもっと安く使えます。格安SIMなら、どこの通信会社で契約しても、間違いなく3大キャリアより安いです。

 

 

少し前に友人にスマホ料金の話をしたんです。友人が

「節約したい。」

というからです。そしたら、こう答えが返ってきました。

「でも、月にひとり7千円くらいだよ。」

友人宅は、家族4人全員がスマホをキャリアで契約しているそうです。こういう人は多いですよね。我が家も2年前まではそうでした。家族3人全員でソフトバンク(キャリア)で契約していました。

 それで格安SIMに乗り換えたら大幅に節約が成功したわけです。それを提案してみました。だけど友人の反応は微妙でした。理由は「面倒くさい」んだと思います。

でも、一人7千円の重みがわかっていない。

友人の場合、「ひとり7千円」と言ってます。

だから家族4人分で月2万8千円ですね。

一年では家計全体で33万6千円ですね。

10年では336万円ですね。

まさかの300万越えです。

 

これを格安SIMに乗り換えたとします。

多めに見積もってザックリ一人2500円だとします。(1り

ひと月では4人で1万円(キャリアで契約していた時より1万8千円が浮く)

一年では12万円(キャリアで契約していた時より21万6千円が浮く)

10年では126万円(キャリアで契約していた時より210万円が浮く)

10年で、キャリアを格安SIMに乗り換えるだけで、210万円が浮きます。

実際は格安SIMでも、多分、もっと低いプランで契約しますので、通常は210万どころかもっと多くお金が浮きます。

「老後2千万不足問題の不安」も通信費節約で穴埋めできる

という事は大衆車一台買えてしまうお金が浮きます。

もちろん浮いたお金で大衆車を買わなくてはいけないわけではありません。

それより、最近話題になった「老後2千万不足問題」もこのスマホの契約の差額で穴埋めできることもあるのです

不要なところをカットすれば、これまでと効果が変わらず結果を出せます。

 

お金の使い方で重要なポイントがあります。それは

 

支払えるか、支払えないか。」じゃない。

「支払う意味があるか、ないか。」なんです。

 

結果が大差ないなら費用は安いほうがいい

ただスマホで通信するという状態は、キャリアも格安SIMも変わりません。もちろんキャリアのメールが使えない(一部使えるところもあります)とか、はあります。でも基本的に何ら変わることはありません。

結局、スマホをキャリアで使うってことは、自ら進んで搾取されに行っているってことです。

もちろん、例外として何らかの理由があってどうしてもキャリアを使わなくてはいけない・・なんてこともあるかもしれません。でもほとんどの人は格安SIMで間に合うはず。

格安SIMが安いのではない、キャリアが高い

キャリアが普通で格安SIMが安いんじゃない。格安SIMが正規の料金でキャリアが高いのです。私はそう考えています。

誰しも一生懸命に働いて得たお金をむざむざ搾取されたい人っていないですよね。だったら、まずはスマホから見直せばいいんです。

 ちょうど間もなく、お盆休みや夏休みで時間に余裕ができるはず。その時間を活用して、今からお金を有効活用する行動を起こしてみませんか。

 

おすすめ記事

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com