簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ミニマル水筒のおすすめ・120ml容量で荷物が減って軽くなった!

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190805180412j:plain

スリムで軽量なミニマル水筒がやっと商品化されたようなので、買いました。

ミニマル水筒について

  • 容量は120ml
  • 重量はわずか110gです。

手持ちの200ml水筒と比較してみます。

f:id:chakuma2017:20190805175330j:plain

こんなに違います。

ミニマル水筒なんて使い道があるの?

でも、真夏に容量の少ない水筒なんて「足りないのでは?」と思いますか?

いえいえ、こういうのが欲しかったんです。

 今年の1月に書いた記事です。

www.kurase.com

「水筒なしは不安」以上「本格水筒は荷物になる」未満

 例えばですね。真夏は確かに水分補給が大事です。

f:id:chakuma2017:20190805175244j:plain

でも、こういうときは、少しの容量で間に合うんです。

  • 1時間程度買い物して、すぐに帰宅
  • 朝、30分程度散歩して、すぐに帰宅

想定外に飲みたくなった時は、自販機やコンビニで買えますので。

f:id:chakuma2017:20190805175218j:plain

ただ、まったく手元に水分がないのも困るんです。

例えば

  • 電車やバスに乗った時、予想外に乾燥したとか、
  • 出先で予想外にのどが渇いたので、「今すぐ、水を飲みたい」

・・という場面です。

  • たまたま自販機が近くにないことも、たまにありますね。病院の待合室とか

ミニマル水筒は、トップバリュと無名メーカーで商品化された模様

以前の記事を書いたときは、その手の品がなかったんです。ところがその後、無名メーカー(?)で初めて見かけました。

ですが、私は水筒はタイガーとか、サーモスなどのメーカー品を買うと以前から決めています。ですがなかなか、これらのメーカーでは商品化しない様子。

f:id:chakuma2017:20190805175308j:plain

そんな折、トップバリュで商品化されたことを知りました。たまたま店頭で見たのです。それでも水筒系メーカー品ではないので、保留にしていました。例の水筒系メーカーでは、ミニマル容量水筒が商品化される気配がないからです。

先日、しびれを切らして「今、売っている」品を買う事にしました。トップバリュなら、中国製だけれど品質の安全性などは「信頼できるだろう」と考えてのことです。

トップバリュミニマル水筒のメリットと注意点

f:id:chakuma2017:20190805175619j:plain

色は今回、ブラックにしました。

ちなみに200ml水筒と比較するとこんなかんじ。

f:id:chakuma2017:20190805175330j:plain

直径がこんなに違います。(右・フタの上がステンレス色なので、一瞬、「底?」と思いますがこういう色です。さかさまではありません。フタの上です。なぜかこの部分はブラックにしなかったんですね。でもバッグに入れた時見つけやすいかも。

f:id:chakuma2017:20190805175433j:plain 

確かに驚く軽さです。ただ、フタはくるくる回すタイプで、カチッと片手で開け閉めはできません。両手を使わないといけません。開け閉めは正直あまりしやすいとは言えません。

おそらく、直径が小さいので、片手でカチッとするような造りには出来なかったのかな、と推測しています。

(飲み口は鋭いように見えますが、特に口当たりは気になりません。)

f:id:chakuma2017:20190805175640j:plain

それから、小さい氷を作らないと中に氷が入りません。今度小さい氷を作る製氷皿を買ってこようと思います。

若干の注意点はありますが、軽くて小さいので荷物が軽量化&コンパクト化に拍車がかかりました。

先日の財布の小型化に引き続き、水筒も小型化できました。水筒は財布の次にかさばる&重い品でしたのでかなり嬉しいです。 

 まとめ

念願の120ml容量の水筒が商品化されたようなので、ついに購入しました。

今回買ったのはトップバリュ(イオン系)品です。

軽量&コンパクトで早速役に立っています。

この水筒のよいところ

  • 軽量&コンパクト
  • トップバリュの信頼性
  • 価格が手ごろ

この水筒の注意点

  • 氷が入らない(小さい製氷皿が必要)
  • フタを締めにくい
  • 片手で開け閉めできない
  • 中国製

荷物を減らして、ますますフットワークを良くしていきたいです。