簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

【格安スマホで楽しく節約】楽天モバイルは低速モードの活用がカギ!スーパーホーダイを使い始めて気付いたこと

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190820165246p:plain



先日、スマホの通信事業者を乗り換えました。

OCNモバイルoneから楽天モバイルへの乗り換えです。どちらも格安系SIM(MVNO)(事業者)です。

楽天モバイルのお得、実は「低速モード使い放題」にあると気付きました。広告で目立つのは「スーパーホーダイ」ですが、実はこのプランは「低速モード」が注目だったわけですね。

「今頃か?!」

の突っ込みはナシでお願いします・・。

楽天モバイルは低速モードの活用がお得のカギ

料金表を見ると、「高速データ通信容量を使い切ったあとは低速モードが使い放題」とあります。「2GB」というのが高速通信容量です。

これ、実際は、ふだんは低速モードで使い、必要に応じて高速モードに切り替えて使う・・のがいいようです。あくまで各自の好みですが。

仮にスーパーホーダイの月2GBで契約しても、低速モード使い放題があるから、データの残りを気にしなくていいわけです。数日使った感じでは今のところ、低速モードでも極端に遅いなどとは感じません。

一見、格安系間での乗り換えならたいした差がないように思えます。ですが今回、乗り換えてみて気付くのは、楽天モバイルのスーパーホーダイは、いろいろとお得だと言うことです。

第一に、楽天モバイルはプランごとに料金が違うのですが、私は一番低い月2GBのタイプを契約しています。

また、楽天モバイルはリアルタイムでデータ使用量を見られるアプリがあります。これは便利ですね。「うっかり知らずに使いすぎていた。」なんてことにならずに済みます。

とはいえ、使い始めて数日後、楽天モバイルアプリでデータ使用料を見たらびっくり。たった2,3日でこんなに減っています。(キャプチャ画像は切り替えがオフになっていますが、気付いた時点では切り替えがオンになっていました。オンにするとボタンが赤くなります。iPhoneの場合。)

f:id:chakuma2017:20190820165638p:plain

 

低速モード切替は簡単

そこで気付いたのは同じ画面にある「高速データ通信」オン・オフ切り換えボタンです。

そう言えば、以前使っていたOCNモバイルoneにも、同じような切り換えボタンがありました。でも、OCNモバイルoneで契約していたのは「一日110MG  」のプランだったんです。単純に月当たりは3.3GBですから、今契約した楽天モバイルの月2GBと比べると1.3GB も少ないわけです。

でも、OCNモバイルoneで低速通信モードに切り替えずに使えていたのは一日単位のプランだったから、なんです。実際、「スマホをあまり使っていなかった」ということもありますが。

でも、今回のデータ使用量を見ると、「楽天モバイルの2GBって足りないのでは?」と思いますよね。私も一瞬、青くなりました。

ですが気付いたのは、低速モードの切り替えです。楽天モバイルはこの低速モードは使い放題なのです。

低速モードとはいえ、特殊な使い方でなく私のようなライトな使い方であれば、実際はほぼ問題なく使えるみたいです。

切り換えは簡単です。

 

楽天モバイルアプリのトップ画面のこの部分をタップしてオンオフの切り換えができます。

f:id:chakuma2017:20190820155143p:plain

で、気付いたのは・・

楽天モバイルの低速モード使い放題があれば、

「これと別にポケットWi-Fi等を持たなくても、(楽天モバイルだけで)ネット環境が間に合ったりしちゃうんじゃないの?」

ってことです。

とはいえ、ポケットWi-Fiは、最近契約更新月で3年縛りの契約をしたばかり。しかも楽天モバイルを使っているのは、まだ家族で私だけで使ったばかり。

テザリングも使えるので、自宅のパソコンなんかも使えますね。

まだ使い始めなので確信は持てませんが、一人暮らしだとか、ライトユーザーだとか、さらに通信費を節約したい場合はアリなのかもですね。

楽天モバイルは現在、大人気だそうですが、理由はどうやら、ここにあるようです。私は単純に「このプランで間に合いそう。」程度で決めたのですが、実はそれ以上にお得が隠れて(?)いたんですね。

格安SIMのデメリット

さて、メリットばかりを書きましたが、一応デメリットも書きます。

楽天モバイルに限らず、キャリア以外の格安SIM全般にいえるデメリットはあります。それは通勤通学時間帯など、回線が混んでいるときには不安定になる事です。

ただ、我が家では家族全員が格安系SIMを使っており私以外、夫も、息子も一般的な時間帯に通勤しています。ですが「つながらない。」などの話は今のところ聞いていません。

これが「楽天モバイルの低速モードの場合はどうなのか?」についてはまだ「これから」確認していきたいですが、個人的な予想としては「十分」なのではないかと予想しています。

さいごに

もともと、ネット環境って、10年前くらいは自宅に有線を引いて、ネット接続の手段は1つだけ・・なんて環境の人は多かったですよね。スマホではなくガラケーだったり。

そのころの環境を思い出したら、費用もフットワークも種類も工夫のしどころが山ほどありますね。

楽天モバイルは基本的に表示されている料金プランだけではなく「低速モード使い放題」があるから安心して使えるメリットが大きいようです。

これから、使いながら活用法を考える楽しみがありますね。

また、気付きがあれば記事にしたいと思います。