簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

効率的な小銭管理の仕方・小銭を使う&溜まる小銭の扱い手順を紹介します。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20190827121548j:plain

今回は、小銭管理の手順と流れを紹介します。

小銭は使う場面と保管する場面、そして銀行ATMに持参する場面があります。

現金払いの場面はけっこうある

キャッシュレスが注目されているこのごろですが、それでも小銭は増えます。我が家でもキャッシュレスを進めているのですが、やはり小銭を使う場面はまだまだあるんですよね。

小銭を使う場面

例えば我が家では、子供が小さい場合、幼稚園、学校の集金は一部現金でした。多分、今でも同じようなケースは多いのではないでしょうか。この他、子供会、町内会の集金とかは現金が多いですよね。

個人医院、個人経営の商店、飲食店などの支払いも、現金が中心ですね。

小銭管理の流れ

それでは早速ですが、我が家の小銭管理流れを紹介します。まず、用意するのはこれです。

用意するもの

  • 100均で売っている仕切りつきのコインケース2個(一個は仕切りをはずしておく)
  • ジッパー袋

これだけです。

増えた小銭は、最終的に銀行ATMで口座に入金しています。

集金用に小銭をプールしておけばあわてない

小銭は使う場面と保管する場面があります。使う場面で注意なのは集金系の小銭です。息子が幼稚園~高校生のときには、ときおり学校(幼稚園)に小銭を持って行く必要がありました。

そのとき、小銭がなくてあわてないように、最小限の小銭をプールしていました。それがこれです。

f:id:chakuma2017:20190827122453p:plain

ケースは100均品です。

各種の金種があるので、どんなに細かい金額でもぴったりの金額を出すことができます。「小銭がない!」と、あわてないで済みます。

この他、以前はよく代引きを使ってました。そんなときもスムーズにできるようにこの「小銭入れ」は役に立ちました。

お金を出すときも、さっと出せます。よく、配達の人に感心されたり、ありがたがられたりしました。結果的に小銭をスムーズに出すことは、受け取る配達の方の手間をわずらわせないだけじゃないんですよね。結果として自分がラクなんです。

(今はキャッシュレスの支払い方法をしているので、そもそも玄関先でのお金のやり取りはありません。)

この基本の小銭を使ったら、ランダムにいれている小銭入れから足りなかった小銭を補充しておきます。

使う方の小銭入れはこちら↑ ですが、外から持ち帰った小銭(おつり)はこちら ↓ にザッと入れます。先ほどの小銭入れと同じものです。違いは仕切りを取ってあることです。

財布の小銭はいったん全部空ける

買い物から帰ったら、財布の小銭はいったん全部空けます。そしてここから次に必要な小銭だけを財布に入れ直します。

すると財布にある小銭が見なくてもわかるので、レジでゴソゴソしないで済みます。同時に財布が小銭で膨れて閉まらない・・を予防できます。

f:id:chakuma2017:20190827123311p:plain

小銭が溜まったら、ATMに持って行く

で、これ↑ がいっぱいになったら、通帳記帳などのタイミングのときに、ジッパー袋に小銭を入れていきます。

私が行く銀行ATMは一度に100枚の小銭を入れられます。余裕があれば、枚数を数えて100枚以下で持って行きます。

ただし、銀行ATMも、小銭は入金できる日時とそうでない日時があります。

また、小銭入金は「いつでもかまわない用事」ですから、混雑するときは避けたいですよね。

ただし、ゆうちょ銀行は小銭入金には不向きです。私が行くゆうちょ銀行ATMの場合なのですが、小銭投入口が貯金箱のようになっていて、基本必要な小銭を入れるだけになっています。溜まった小銭を入れる向きではありません。

小銭は溜めこむと銀行ATMで入金しにくくなる

小銭はあまりに溜めこんでしまうと、入金しにくくなります。数か月に一度、ATMでついでに入金しておいた方がいいみたいです。通帳記帳のタイミングで持って行くとちょうどよいですね。

さいごに

小銭は全くないと困りますし、多すぎても銀行に預け入れにくくなります。ですが、今回のような流れで管理をすると、小銭が溜まり過ぎず、かといって不足することもありません。

子供の集金関係も、必要な小銭をさっと出すことができます。

最近は、キャッシュレス化を進めているので、小銭入金の手間がガクッと減りました。小銭の管理と扱いに困っている方がいましたら、今回の方法はおすすめです。

まとめ

  • キャッシュレスでもまだまだ必要な現金のうち、小銭は扱いの流れを作ると効率的です。
  • 必要な時に必要な小銭をさっと出せるようにプールしておきます。
  • 買い物帰宅後、財布の小銭はいったん全部空けます。→再び必要な小銭だけを財布に戻します。このようにすると、いざというときに必要な小銭をだすことができます。また、財布が小銭でパンパンになりません。レジでもたつくこともありません。
  • 溜まった小銭は定期的に銀行ATMに入金します。小銭は増えすぎないうちに通帳記帳のタイミングでATMに入金すると良いです。

キャッシュレスを進めたところ、ATMに行く頻度は減りました。それでもゼロにはできません。私はいろいろ工夫した結果、この様な流れが一番しっくりきました。