簡単に暮らせ

ミニマリスト志向のちゃくまのブログ。書籍発売中・ミニマルなライフスタイル。シンプル、合理的に。書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」。身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

掛布団はオールシーズン同じでOKだった。季節用を持たなければ物は減る。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20181101194859j:plain

物を減らすコツの1つは、シーズン専用品を出来るだけ減らすことです。

例えば洋服も、オールシーズンで着られる服をメインにすれば、ミニマルに暮らせます。

そしてそれは寝具などの日用品も同じです。例えば掛布団はシーズンごとに替えている方も多いのではないでしょうか。

冬と夏の掛布団は同じでいい

確かに

「エアコンは冷える」

と言われていた時代であれば、寝る前にエアコンを切って、窓を開けて寝る・・なんてことが当たり前だったのかもしれません。

ですが、そう言われていた時代と今は、そもそもの夏の気温が違いすぎます。

今はエアコンの性能が良くて省エネだし、窓の開けっぱなしは防犯の問題もありますよね。

 

それでもこれまで、掛布団はシーズンで変えなければならないと思っていました。

ですが最近の夏は、エアコンを付けっぱなしです。当然、寝ている間もエアコンを付けています。

  • さすがに夏は毛布は使いません。
  • それとカバーは薄手の物を使っています。

それで肝心の布団は、真冬と同じです。

羽毛布団は吸湿性が良くて、軽いのが特徴です。だから、オールシーズン使えます。微調整は毛布などで十分です。

この掛布団は、昨年の秋か冬に買ったもの。もちろん、秋冬は暖かく寝られました。

 

それだけではありません。結局のところ、夏、つまり今もこの布団で寝ています。

季節ごとに肌掛けを用意したり・・と、布団を変えていてはその分、収納の手間も保管の手間もいります。

 

でも結局、掛布団はオールシーズン同じものでOKだとわかりました。あれこれ季節に合わせて変えなくてもいいのです。 

おかげで、朝までぐっすり眠ることができています。

もちろん、それぞれの環境の違いがあります。だから誰にでもOKとはいかないかもしれません。ですが、もし、可能そうであれば検討してみてはどうでしょうか。

 

 

www.kurase.com