簡単に暮らせ

ミニマリスト志向ちゃくま(アラフィフ主婦)のブログ。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

服を少数精鋭にするアイテム決めの7つの順番

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

 出来るだけ少ない枚数の服で、

どれも気に入っていて

活用できている服だけで、そろえられている。

 

きっとみなさんが理想とするのは、そんなクローゼットではないでしょうか。

今回は皆さんが描く「理想」に近づくためのアイテム決めの順番についてお話します。

どれもが活用できているクローゼットの中身にするためには、何より順番が大事です。

 

まず、最初にやるべきことがあります。

⓵それは、美容院に行くことです。

 

www.kurase.com

 

 

 

なぜなら、髪の毛は自分が思う以上に他人から見た印象を大きく左右するからです。

また、髪の毛の状態とヘアスタイルによって合わせる服も多少変わります。

ですので、まずは印象を大きく左右する髪の毛を先に整えます。

 

②次に決めるべきものは靴です。

靴は、コーデの印象の着地点です。最近は「はずし」の利いたファッションがトレンドです。ですがそれでも、靴はコーデの印象を決める大事なアイテムです。

例えばエレガンスな印象にするのであれば、つま先が尖っていてヒールの高い靴を履いたりします。靴がエレガンスであれば、服はたとえカジュアルでも、その人のファッションはエレガンスに映ります。

反対に、エレガンスな服を着ていても、スニーカーを履いていればそのファッションはカジュアルです。

そんな具合で、靴によってファッションの傾向が決まります。

 

③バッグは非カジュアルを選んだ方がいろんな場面で使える

次に決めるのはバッグです。最近はリュックが人気なのでカジュアル寄りになりがちです。ですが実のところ、カジュアルは応用が効きにくいのです。

ですので数を減らすのであれば、非カジュアルなバッグを持つ方がいい。

なぜなら、カジュアルなバッグでエレガンスな場所には行けませんが、その反対は可能だからです。

 

④シワになりやすい服を買わない

シワになる服とはつまり、それだけでカジュアルな服の印象が強くなります。つまりそれだけ着ていける場面が限られてしまうのです。

出来るだけ数を厳選するのであればシワになりにくい素材を選ぶことです。シワになりにくい服とは結局のところ、ラフな感じになり過ぎないのです。

結果として「どこにでも着て行きやすい」ということになります。

 

 

⑤手持ちの服を着るために必要な下着などを全て買っておく

新しい服を買ったときに、いざ着ようとしたとき、対応する下着やストッキングなどの小物がなくて困った経験がないでしょうか。

新しく服を買った時は、必ず一緒に必要なアイテムを全部そろえておくことです。こうした小物は服と同等の値段がすることがあります。服にお金を出すのは惜しくないのに、小物は損をする気がします。ですが「もったいない」と思わずにそれもその服の一部と考えて忘れずそろえます。そうすることで「着るに着られない服」にしないで済みます。

 

⑥礼服(小物一式)を買っておく

大人であれば礼服一式をそろえておく必要があります。反対に、用意していないと急いで買った場合、割高だったりあまり気に入らないものを買う羽目になります。

余裕のある時に買って置けば安く気に入った物を見つけることもできます。ときどきサイズや流行に変化がないか試着することもおすすめします。

 

 

⑦パジャマを2組用意する

パジャマをきちんと買った方が余分な服を減らせます。古くなった服の格下げでパジャマ代わりにした場合、いつまでも半端な服が手放せなくなるからです。

 

さいごに

 漠然と「服を減らしたい」と思っても服は減りません。コツは全体を一歩引いて把握することです。